【Kindle本】「ライセンスの制限に達しました」を「コンテンツと端末の管理」で対処する方法



 

Kindle本を端末にダウンロードしようとしたところ、
「ライセンスの制限に達しました」といった警告が表示されて
ダウンロードできない。

そんなときは「コンテンツと端末の管理」で対処する方法があります。

「ライセンスの制限に達しました」のライセンス上限とは?

Kindle本を購入した後、FireタブレットやスマホのKindleアプリなどに
その電子書籍をダウンロードするわけですが、
同時にダウンロードできる端末の台数に制限がある。
これがライセンス制限。

ライセンスの上限数は6台までということが基本のようですが、
出版社によっても異なるようです。
5台までの本もあるかもしれない。

ライセンスの制限に達しました」というメッセージとともに
ダウンロードできないということは、
既に最大数に達している、次の1台で越えてしまうということになります。

この制限がかかる端末というのは、Kindle本を読める全てが対象。
Fireタブレット、Kindle電子書籍リーダー、Kindleアプリなど合算。
Androidスマホ/タブレット、iOSのiPhone/iPadも、
Kindleアプリをインストールしていれば数に入ります。

対処法はダウンロード済の本を削除

「ライセンスの制限に達しました」というメッセージの中で
購入という案内も表示されます。

「ライセンスの制限に達しました」警告ポップアップ

もう一度追加で購入することで、ライセンスが増え、
使える端末数も2倍に増えますが、
同じ本に重複して二回目の支払いをすることになりますので、
どうしてもそうしなければいけない事情がない限り、
その必要はありませんね。

ライセンス制限になった後の対処法としては、
既にダウンロード済の端末のいずれかから、
該当の電子書籍を削除すれば、1枠空くので、
新たに他の端末でダウンロード可能になるというだけ、簡単。
2つ削除すれば2枠空く。
全部削除すれば元のライセンス数、6に戻る。

いずれかの端末から削除した後、
改めてライセンス制限された端末で試してみれば、
今度は問題なく端末にダウンロードできるというだけ。
再購入の必要はありません。

では、このダウンロード済の本を削除して、
ライセンス制限を解除するための具体的な対処法とヒントを
以下に解説させていただきます。

端末から手動で本を削除するメリットとデメリット

FireタブレットやスマホなどのKindleアプリの中にある
ダウンロード済の本について、その端末を操作して
ライセンス制限にかかった本を探し出して手動操作で削除する。
これが一番、明確でわかりやすく、単純な操作方法。

但し、デメリットもある。

FireタブレットやAndroidスマホ/タブレット、iPhone/iPad
など端末を多数所有している場合、
そもそもどの端末にダウンロードしたかわからない。

20台、30台の中から的確に6台だけを選ぶのは難しい。
しかも物理的に端末を探すことからはじめなければ
いけないかもしれない・・。

ある程度、端末ごとのコンテンツ状況を把握していたとしても、
1端末内に大量の本をダウンロード済であると、その中から
いくつかの削除したい本だけを探して削除実行、
その繰り返し、というのは少し手間かもしれない。

コンテンツと端末の管理の使い方

コンテンツと端末の管理を活用することをご提案します。

自分の全ての所有端末や、その端末にダウンロード済の本だけ
を一覧で把握して、削除など操作ができる。

コンテンツと端末の管理の使い方は以下の通り。

パソコンなどブラウザーでAmazonのサイトにアクセスし、
サインインしておく。

右上[アカウント&リスト]
もしくはポップアップ[アカウントサービス]から、
(デジタルコンテンツとデバイス)
「コンテンツと端末の管理」をクリック。

コンテンツと端末の管理の専用ページが開きます。

この「コンテンツと端末の管理」ページの中では、
購入済み・利用中の電子書籍や、
Fireタブレット・Knidleアプリ使用の端末が一覧で表示され、
各種メニューから操作ができる。

端末内にダウンロード済の本を全て削除する方法(コンテンツと端末の管理)

もう使っていない古い端末や、
使ってはいるがKindleでは使わない端末ということであれば、
ダウンロード済の本を全て削除してしまいましょう。

端末内にダウンロード済の本を全て削除する方法は以下の通り。

コンテンツと端末の管理の画面で
上部の[端末]タブをクリック。

端末一覧の中から、
該当端末の先頭にある四角(アクション)をクリック。

ポップアップ表示になりますので、
「デバイスのコンテンツを見る」をクリック

コンテンツと端末の管理で端末のポップアップ「デバイスのコンテンツを見る」

この端末にダウンロード済の本だけが一覧で表示される。

上部の[すべて選択する]をクリック。

コンテンツと端末の管理でダウンロード済の本を「すべて選択する」ボタン

上部の[削除]をクリック

コンテンツと端末の管理でダウンロード済の本を全て選択した状態

ダウンロード済の本を削除したとしても、
購入済の本はAmazonのクラウドに残っていますので、
改めてその端末で読みたければ、
再度ダウンロードすればよいだけです、ご安心ください。

端末ごと登録解除する方法(コンテンツと端末の管理)

もう使っていない端末や今後は使わない端末だから、
ということであれば、
端末ごと登録解除してしまうという手もあります。

但し、端末の登録を解除すると、
その端末でコンテンツの購入はできなくなりますので
注意が必要。
端末を他人に譲渡する場合には登録解除したほうがよい。

コンテンツと端末の管理の画面で
上部の[端末]タブをクリック。

端末一覧の中から、該当端末の先頭にある四角(アクション)をクリック。

ポップアップ表示になりますので、
「登録の解除」をクリック

以前使っていた旧型の古いスマホとか、
どこにあるのかさえわからない端末は、
本の全削除よりも、登録解除がよいかもしれません。

ライセンス制限の本があってもなくても有効な方法。

端末ごと登録解除すればその端末内にダウンロード済の本が
全削除されたことになる。

端末からの操作で登録解除、アプリ削除する

端末ごとKindle端末としての登録を解除する操作方法について、
端末側からもできなくはない。

Fireタブレットならリセット(初期化)。

KindleアプリをダウンロードしたAndroidスマホ/タブレット、
iPhone/iPadであれば、
Kindleアプリを丸ごとアンインストールするという手もある。

本をひとつひとつ削除する方法(コンテンツと端末の管理)

端末ごとに、ダウンロード済の本を一覧で確認しながら、
ひとつひとつ削除したい本を探して消す方法。

コンテンツと端末の管理の画面で
上部の[端末]タブをクリック。

端末一覧の中から、該当端末の先頭にある四角(アクション)をクリック。

ポップアップ表示になりますので、
「デバイスのコンテンツを見る」をクリック

この端末にダウンロード済の本だけが一覧で表示される。

本一覧の中から、
該当本の先頭から二番目にある四角(アクション)をクリック。
ポップアップ表示になりますので、
「削除」「この本の利用を終了」をクリック

コンテンツと端末の管理ポップアップからダウンロード済の本を「削除」

あるいは、

四角(アクション)のさらに左隣にある、
該当本の先頭の四角(選択)で
必要な本を選択してから上部の[削除]をクリック。
(2冊以上の複数選択もできる。)

端末ごと登録削除するのは、少し慎重に考える必要がありますが、
この方法ですとライトな感覚で削除操作できます。

何より、端末内のダウンロード済の本が一覧で見渡せて、
わかりやすくとても便利。

ライセンス制限の件とは関係なくても、
定期的に見ておくと、
現状の端末内のコンテンツ状況が簡単に把握できます。

Kindle Unlimited の本にもライセンスの制限あり

Kindle Unlimited の本にもライセンス制限があります。

このライセンス制限というのは、一度に10冊まで借りれる、
というKindle Unlimited の制限とはまた別の話で、
利用中のある1つの本に関して、
同時にダウンロードできる端末の台数に制限がある
ということを意味します。

ライセンス制限の上限を越えると、購入済みの本と同様、
以降の端末ではダウンロードしようとすると
警告ポップアップ表示になります。
今回の記事の方法で対処してください。

購入した本と同じように扱えば問題ありません。
但し、Kindle Unlimitedで読んでいる本の場合、
コンテンツと端末の管理における
特定本のポップアップ表示において[削除]は無く、
[この本の利用を終了]で削除することになります。

コンテンツと端末の管理ポップアップから「この本の利用を終了」

【Kindle本】「ライセンスの制限に達しました」を「コンテンツと端末の管理」で対処する方法 まとめ

ライセンスの制限に達してダウンロードできない場合、
パソコンから[コンテンツと端末の管理]を開き、
端末ごとにダウンロード済の本を一覧で確認しながら、
削除したい本を探して消す方法が一番便利。

端末ごとにダウンロード済の本を見れるのがよいのです。
タブレットやスマホで見るよりは、
一覧で見渡せて把握しやすいので、簡単で早く作業できる。

例えば、今使っているスマホなら手元にありますが、
以前使っていた旧型のスマホやタブレット端末の場合、
端末が部屋のどこにあるか探さなければならない。
最悪、見つからないかもしれない。
放置していた端末はバッテリー残量無しでしょうから、
本一冊を削除するためだけのことで
わざわざ充電しなければいけない。
しかもその端末にはダウンロードしてなかったかもしれない。

そう考えますと、コンテンツと端末の管理は、
とても便利で実用性があります。
定期的、あるいは暇なときにでも本の一覧を眺めて、
コツコツ整理しておくのもよい活用法。

なお、今回の操作方法ではライセンスの制限を解除する
ために使いましたが、同様の操作で、
Kindle Unlimited、Prime Reading、
Kindleオーナーライブラリーなどでの
本の利用を終了する操作も可能です。

Kindle本をたくさん読む方、スマホやタブレット端末を
多数所有していらっしゃる方は、ぜひお試しください。

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

Prime Reading 本読み放題含む
プライム会員 無料体験はこちら

Amazonの聴く本、朗読本。
Audible(オーディブル)無料体験はこちら

関連記事

Kindle本がダウンロードできない対処法
Kindle Paperwhite 防水機能あるが水没させないほうがよい3つの理由
Kindle Paperwhite(2018)の初期設定まとめ・便利な使い方
Kindle電子書籍リーダーが開かない不具合をリセット初期化で解決した┃使い方
Kindle Unlimited の使い方、利用を終了(Fire/kindle/PC/Android/iOSアプリ)
パソコンのブラウザでKindleハイライト部分の一覧を読む方法 ┃Amazon電子書籍の使い方



スポンサーリンク