新型 iPod touch(第7世代)発売 2019年5月。iPad miniとどちらを買えばよいの?【比較】



   2019/07/29

新型 iPod touch(第7世代)がついにAppleから発表されました。

突然発表され、同時に
2019年5月28日発売開始。

旧型との違い、新型iPad miniなどと比較して、
どれを買えばよいのか?考えてみます。

(※iOS 13、iPadOSについて追記しました。)

後日追記)買いました。レビュー記事はこちら。
iPod touch【購入】第7世代・2019年モデル新型

Apple iPod touch (32GB) – シルバー (最新モデル)

情報ソース

「新iPod touch登場。256GB追加、A10 Fusion搭載、iPod初AR対応」
(2019年5月28日 AV Watch)

「iPod touch」新モデル登場 A10 Fusion内蔵、256GBモデルが追加」
(2019年05月28日 ITmedia Mobile)

「Appleが4年ぶりに新型「iPod touch」を発売、iPhone 7と同じA10 Fusionチップ搭載」
(2019年05月29日 GIGAZINE)

「iOS機器の裾野を広げる新「iPod touch」 高まるWWDCへの期待」
(2019年06月03日 ITmedia)

新型 iPod touch(第7世代)2019年5月末発売

iPod touch(第7世代)2019年5月新型
iPod touch(第7世代)は、
iPod touchの7代目で、
旧型の第6世代(2015年7月17日発売)から、
ほぼ4年ぶりとなるニューモデル。

今年2019年は新しいiPad miniとiPod touchが発売される
という噂が流れていましたが、
先行した新型iPad miniに対して、
販売されなかったiPod touchは、
年末頃か?やはり後継機種は無いのか?
と言われており、続報がない中、
2019年5月突如Appleから発表。

新型iPod touchの特徴ですが、
iPhone 7/7 Plusと同じCPUの
A10 Fusionチップ。

ストレージが、
32GB、128GBに、
256GBの3モデル。

新型 iPod touch(第7世代)

2019年5月発売

サイズ
123.4×58.6×6.1mm
重量 88g

CPU
A10 Fusionチップ

OS:iOS 12

ディスプレイ
4型 Retinaディスプレイ
解像度 1136×640(326ppi)

AR対応

カメラ
800万画素
動画撮影1080/30p

FaceTime HDカメラ
120万画素
720p動画撮影

IEEE 802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth 4.1

カラー6色
スペースグレイ、ホワイト、
ゴールド、ブルー、ピンク
(PRODUCT)RED

価格
21,800円(32GB)
32,800円(128GB)
43,800円(256GB)

ヘッドフォンジャックあり
EarPods with 3.5 mm Headphone Plug同梱

Lightingコネクター

スピーカーあり

iPod touch【比較】新型と旧型

旧型 iPod touch(第6世代)と比較。

Apple A8チップ→A10チップとなり、
パフォーマンス2倍、
グラフィック3倍にスペックアップしたという。

記憶容量に16GBが無くなり、
256GBが追加された。
お値段は旧型の
16GB(24,800円)より
新型32GBモデルが安く、
旧型128GB(48,800円)より
新型256GBのほうが安くなっており、
お買い得。

Apple iPod touch (128GB) – シルバー (最新モデル)

Apple iPod touch (256GB) – シルバー (最新モデル)

カラーバリエーション6色は同じですが、
シルバーが無くなり、
ホワイトが追加された。

新型で初めてARに対応。
ARというのは拡張現実と呼ばれ、
VR(バーチャル・リアリティ、仮想現実)
に近いもの。
アップルのARデバイスとは、
カメラを使って現実にARを重ねる技術。
例えばアプリゲームのポケモンGOみたいな感じ。

それら以外はほとんど同じスペックの模様。

約4年という時を経ていますから、比較というより、
進化していて当然のこと。
この旧型 iPod touch(第6世代)をお使いの方も
買い替え、買い増しには、
そろそろという時期ではないでしょうか。

後日追記)
今回の新型 iPod touch(第7世代)は、
iOS 13へのアップデート可能となっていますが、
iPod touch(第6世代)は対応しません。
(最下部にiOS 13 対応機種を記載しました。)

iPad mini(2019)と比較

今回、2019年5月に
新型 iPod touchが発売となったわけですが、
つい2か月前の
2019年3月に発売開始となったばかりの
新型 iPad mini 5と比較したくなります。

以前の記事)
【新型】iPad mini 5・iPad Air 3、を発表、Apple。3年以上ぶり新型 iPad mini 5【比較】旧型 iPad mini 4

iPad miniとiPad Airの違い【比較】どれを買えばいいの?2019年4月。iPadとiPad Proもあるし購入に迷う

なぜなら一番小さいiPadがiPad miniだからです。
小型端末がほぼ同時期に刷新されたことで、
どちらの新型を買おうか比較して検討している方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

iPad miniも2015年から3年半ぶりの新型でしたので、
ニューモデル登場までの期間が、
iPod touchとほぼ同じペースと言えるかもしれません。

iPad mini iPod touch
第五世代 第七世代
2019年
3月発売
2019年
5月発売
7.9インチ 4インチ
300g 88g
A12
(最新)
A10
64GB/
256GB
32GB/128GB/
256GB
45,800円
(税別)~
21,800円
(税別)~
iOS 12 iOS 12
Apple
Pencil
×
新 iPadOS
対応
新 iOS 13
対応

これら2つの端末、
iPad mini 5 と iPod touch 7 を単純に比較しますと、
画面が7.9インチと4インチ。
およそ倍くらいの違いがある。

画面サイズが4インチというのは
意外にポイントです。

昨今のスマホ画面が大型化して
Androidスマホで 5インチ~5.5インチ前後が
主流になってきており、
これらより一回り小さい画面が iPod touch。
iPhoneにも6.5インチが存在しますが、
大型系スマホよりも
一回り大きい画面がiPad mini。

外出先に常に持ち歩きする端末として、
iPad(9.7インチ)以上はやがて飽きて、
カバンに入れるのが面倒になり自宅で使うだけ
になっていくはずですが、
iPad mini(7.9インチ)なら、絶妙なサイズ感で、
そう簡単に飽きることはないでしょう。

しかしiPod touchは、カバンに入れるというより、
ポケットに入れるサイズ。
端末の持ち運びや取り回しでiPod touchが圧勝。

特に重さの点でも
iPad mini(300.5 g)に対して、
iPod touchはわずか 88g。
長時間手に持って操作しても疲れませんね。
スマホでも100gは越えますから、
これがどれだけ軽いかおわかりになるはず。

お値段の面で見ましても、
iPad miniは最安値64GBモデルで
45,800円(税別)から。
iPod touchは最安値32GBモデルで
¥21,800 (税別)と、
買いやすい価格設定。

おそらくAppleの全デバイスの中でも
一番安い端末でしょう。
iOSの端末をひとつ持っておきたいという方
にもこのiPod touch 7は最適なのです。
最新のiOS 12を搭載しています。
(後日追記:今秋 新iOS 13対応予定)

ただ、問題点もあります。

iPod touchのデメリットで考えますと、
CPUが2世代前のA10 Fusionチップなのです。
iPad miniには最新のA12 Bionicチップが搭載されている。
ゲームをプレイしたりアプリを使うのに
パフォーマンス重視なら新型 iPad mini5 のほうがよい
と言える。
さらに今後のiOSバージョンアップによっては、
iPod touchの動きが遅く重くなる可能性も否定できない。
数年以上、長く使っていきたいなら新型 iPad mini5 推奨。

後は画面の大きさが重要。
iPod touchはスマホではありませんが、
疑似 iPhoneと考えれば小型であり、
大型化の流れに乗っていませんので、
2019年の今となっては画面がとても小さい。
あるいは小さすぎる、見にくい、目が疲れると感じるかもしれません。
逆にiPad miniの画面サイズは違和感なく使えるはず。
大きすぎて困るということはないでしょう。
見やすさ、映像の迫力を求めるならiPad miniがよい。

画面の大きさの話にも大きく関係しますが、
お絵描きやメモ取りに使いたいとか、
Apple Pencilを使いたいなら、
iPad miniで決定です。

しかし逆に、昔の iPhoneのようなサイズ感がよかったとか、
iPod touchも第4世代までは3.5インチでしたので、
とにかく小型端末が欲しいという方には、
今やiPod touchくらいしか選択肢がなくなってきています。
小さい画面の小さい端末が欲しいならiPod touch。

今年と来年くらい快適に使えればよいと思えるなら、
新型 iPod touch 7のスペックで充分でしょう。
特に音楽プレーヤーとして使うとか、メールチェックとか、
SNSを軽く見る程度なら数年以上使えるはずです。
ちなみに現在の iPod touchは3~4年前後の周期で
ニューモデル登場となっていますから、
いずれまた買い替えや買い増しでもいい。

【iPod touch】

  • 安い、買いやすい
  • 持ち運びやすい
  • 小型で扱いやすい

【iPad mini】

  • 見やすい、迫力ある
  • 最新A12チップ搭載
  • お絵描きメモ取りに

買いやすいApple製品として、
小さくて気軽に扱いやすい端末として、
スマホの二台持ちのような感じでも、
iPad mini はちょっとお高いなと感じる人にも、
4年ぶりのニューモデル、
今回の新型 iPod touch(第七世代)おすすめです。

iOS 13 対応機種

後日追記)
iOS 13 対応について。
Appleが2019年秋にリリースを予定している
新 iOS 13 の対応機種は、

iPhone XS、iPhone XS Max、
iPhone XR、iPhone X、
iPhone 8、iPhone 8 Plus、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、
iPhone SE
iPod touch(第7世代)

なお、iPadにiOS 13はありません。
なぜなら今後は、
iOSとは異なる「iPadOS」が適用されるという。
但しベースはiOSであり、
iOS 13の新機能はiPadOSにも搭載される模様。

iPadOS 対応機種は、

iPad Air 2 以降、
iPad Pro 全モデル、
iPad 第5世代 以降、
iPad mini 4 以降、
のiPad。

すなわち、今回の記事で比較した
iPod touch(第7世代・2019)、
iPad mini(第5世代・2019)は、
どちらの端末も、
2019年秋の無料ソフトウェアアップデートで
新OSにバージョンアップできます。

iPod touch 購入

後日追記)
発売開始から1か月半後の、
2019年7月中旬、
管理人も、この新型
iPod touch(第7世代・2019)を買いました。
レビュー記事を書きましたので、
ぜひお読みください。
記事はこちら。(動画あり)
iPod touch【購入】第7世代・2019年モデル新型

Apple iPod touch (32GB) – シルバー (最新モデル)
※この記事の新型iPod touchはこちら

Apple iPod touch (32GB) – (PRODUCT)RED (最新モデル)

Apple iPod touch (32GB) – ゴールド (最新モデル)

Apple iPod touch (32GB) – スペースグレイ (最新モデル)

Apple iPod touch (32GB) – ピンク (最新モデル)

Apple iPod touch (32GB) – ブルー (最新モデル)

★iPod touch(第7世代・2019)を楽天市場で買う

関連記事

iPadを購入。但し中古の第四世代、2012年モデルをヤフオク相場で落札
iPadでAmazonプライムビデオを使ってみた。ダウンロードしてオフライン視聴も可能
iPadとiPad Proの違い【比較】どれを買えばいいの?2017年9月
iPhone5をios10.3.3にアップデートした
iPhone5をios10.3.2にしてみた。いつまで使えるか最後のアップデート?
iPhoneに動画を入れる方法┃iTunesを使わないでも保存できる7アプリをご紹介
AirMore 無料で使いやすい【レビュー】iPhoneとパソコンのデータ共有におすすめ
JアラートをiPhone5で設定する方法。通知─[緊急速報]をONに
ライトニングケーブル購入【レビュー】Apple認証(Amazonベーシック)
Apple Music 1か月無料案内から再トライアル2018年3月。契約確認と解約方法



スポンサーリンク