Apple Music 1か月無料案内から再トライアル2018年3月。契約確認と解約方法



   2018/03/05

「Apple Music をもう一度はじめませんか?今なら1か月無料。」
というメールの案内がAppleから届きました。
2018年2月末。

改めてApple Musicを使ってみます。(動画あり)

Apple Music

Apple MusicとはApple社による音楽配信サービス。
2015年6月から開始され、日本でも2015年7月頃からスタート。

月額定額制で、音楽が聞き放題。
広告なし。

曲数は、4500万曲。

利用できる端末は、
iOS(iPhone・iPad)、
Apple Watch、Apple TV、CarPlay、
パソコン
Mac・Windows、
Andorid(スマホ・タブレット)
と、あらゆる方法で楽しめる。

支払い方法については、
Apple Music メンバーシップとして
定期購読利用する契約になる。

Apple Musicの料金は、

  • 個人:980円/月
  • ファミリー:1480円/月
    (6人まで)
  • 学生:480円/月

年間プラン
10か月分の料金/年

Apple Musicの無料トライアルのお試しは、
3か月無料で体験できる。

二回目の無料トライアル

管理人は、以前、 Apple Musicを無料トライアルで
使用していましたが、既に継続解除。解約済み。

今回のメールでの案内を受けて、
改めて再申し込みしてみました。

二回目の無料トライアルということになります。

WindowsパソコンのiTunesから手続きしましたが、
メールにある「特典コードを使う」をクリックすると、
ブラウザが起動。

iTunes にしますか?というポップアップがでますので、
iTunesのソフトを起動しました。

開くとコードを使う画面で、
既に自動で特典コードが入力されており、
ポップアップの「確認」をクリックするだけで申し込みが完了。

Apple music申し込み確認ポップアップ2018

とても簡単です、30秒もかかりませんでした。

Appleコード使いましたApple music2018

ライブラリを結合

ようこそApple Musicへの最初の画面で、
ライブラリを結合、について確認がありました。

これはiCloud ミュージックライブラリ というもの。

自分のパソコン(ローカル)iTunesのマイライブラリにある
曲を全て聞きたいのであれば、ライブラリを結合せよという。

例えばCDからパソコンにリッピングして取り込んだ音楽ファイルは、
基本的にそのパソコンで再生して聞いています。
スマホで聞くなら個別にコピーする。

そうではなくて、iCloud ミュージックライブラリでは、
パソコン(ローカル)の曲ファイルを
iCloudへアップするということを意味しています。
そうすることで、これをクラウドとして、
他端末(スマホ・タブレット・パソコン)でも、
Apple Musicを通して、元はローカルのみだった曲も含めて、
全ての曲が同じApple IDで利用している全ての端末で
直接、聞けることになります。

今回は管理人は、これが目的ではなかったため、
一旦保留することにし、[後で行う]をクリックし、結合しないで回避しました。

ライブラリを結合のポップアップ

Apple Music メンバーシップ 解約方法

無料トライアルを申し込んだ後は、
基本的に契約が続くことになっています。

つまり手動で継続を解除(解約)しない限り、
課金が始まり、月額料金を請求されます。

Apple Music メンバーシップ 解約の方法をご案内いたします。
これがわかりにくい・・。
((+_+))

<Apple Music メンバーシップ 解約方法>
(WindowsパソコンのiTunesの場合)
iTunes(サインイン)
アカウント(左上メニュー)
[マイアカウントを表示]
iTunesマイアカウントを表示
アカウント情報(のページ)
iTunesカウント情報の画面
最下部
「設定」「登録」にある
[管理]をクリック
iTunesの設定、登録、管理
Apple Music メンバーシップ
契約内容の確認ができます。最下段)
[登録をキャンセルする]から解約

iTunes登録の編集、Apple music契約確認と解約

解約処理を行っても、
期限いっぱいまでは無料で使えるという。
太っ腹ですね、さすがApple。

逆に無料トライアルだけ使う予定の人は
忘れないうちに解約処理してしまうのもよいかもしれません。

Apple Music 1か月無料案内から再トライアル まとめ

Apple Music日本開始の2015年夏、 当時、
管理人は無料トライアルで3か月間使っていました。

あのときは曲が3000万曲で月額1200円、
Androidには未対応。そのようなことから、
Google Play musicを有料で使うことにして、

Amazon Prime musicもプライム会員で使えるしで、
Apple Musicは解約。

あれから間もなく3年近くになろうとしていますが、
曲数も増えています。
Android端末でも使えるようになっていますし、
デザインや利用方法も少し変わったという。

通常の無料トライアルは3か月ですが、
今回Appleから招待されたのは1か月無料。

やはりライバルとして競合になる
Google Play Music、
Amazonも日本でAmazon Music Unlimited開始で
4000万曲以上聞き放題となりましたし、
やはりSpotifyの存在があるわけで、
Appleも積極的に会員数を増やしたいのでしょう。

新しいApple Musicを少し使ってみましたが、
確かに曲が増えたようで、 新曲のJ-POPなんかも聞けますね。

今から1か月ですがいろいろ試しつつ、
楽しませてもらいたいと思います。

動画

「Apple Music 1か月無料案内から再トライアル2018年3月。契約確認と解約方法」

関連記事

Apple Musicを発表、アップル
Apple Musicを使ってみましたWindowsパソコンiTunes
Apple MusicパソコンiTunesで自動更新をオフにする設定方法
パソコンiTunesでAppleMusicトライアル終了日を確認する方法
Apple Music 曲のPCダウンロードとiTunesマイミュージック
Spotify(スポティファイ)日本開始┃音楽配信、聞き放題で無料
Spotify招待コードメールが来た、初回の登録方法【使い方レビュー】
Spotifyの残り時間は?無料版を1か月ほど使用したレビュー
SpotifyをFireタブレットで聞ける♪Amazonアプリ版公式
Spotify Premiumを解約する方法┃有料プレミアム体験を解除した
【Prime Music】音楽聴き放題サービスを開始、Amazon日本
Google Play Music 定額制音楽配信サービス、日本で開始
music.jp解約する前に使ってみた【レビュー】『music.jp 400コース for FREETEL』

Amazon Music Unlimited
音楽が4000万曲以上、聞き放題♪
月額980円定額制・音楽配信
※30日無料体験はこちら

Amazonプライム会員にはお得な特典がいっぱい。
映画が見放題、お急ぎ便、そして
音楽が100万曲以上、聞き放題♪
※Amazonプライムはこちら



スポンサーリンク