ショートカット起動【iOS 13】の新機能。ホーム画面でアイコン長押し



 

ショートカット起動する使い方について解説します。
iOS 13の新機能。これまでと操作方法が少し変わった。

iPod touch(第7世代・2019年モデル)
iOS 13.1.2で確認しました。
(動画あり)

動画 iPod touch(第7世代・2019)ショートカット【iOS 13】アイコンの長押し

「iPod touch(第7世代・2019)ショートカット【iOS 13】アイコンの長押し」

ショートカット起動

ホーム画面で、いずれかの
アプリのアイコンを長押しすると、
ポップアップ表示となり、
そのアプリの各機能への
ショートカット起動ができる。

例えば、メモアプリのアイコンを
長押しすると、

昨日 追加テキストなし
[新規メモ]
[新規チェックリスト]
[新規写真]
[書類をスキャン]

[Appを並べ替える]

といったポップアップが表示され、
[新規メモ]をタップすると、
メモアプリが起動し、
メモの新規入力画面になる。

時計のアイコンを長押しすると、

[アラームを作成]
[ストップウォッチを開始]
[タイマーを開始]

[Appを並べ替える]

といったポップアップが表示され、
[ストップウォッチを開始]をタップすると
ストップウォッチが起動し計測開始する。

いろいろなショートカット

各アプリのアイコンを長押し(ロングタップ)すると、
ポップアップは表示されるが、
ショートカットの数はそれぞれ異なる。

ショートカットが無いアプリもある。
但し、ポップアップは必ず表示される。

Appを並べ替える

ポップアップには、必ず
[Appを並べ替える]があり、
タップすると全てのアイコンが、ぶるぶる震える。

ぶるぶる震えている状態で、
アプリのアイコンを長押しして移動できる、
つまり配置する位置を変える。

ホームボタンを押すと並び替えの終了。

アイコンの並び替え【iOS 13】の新機能。ホーム画面で長押し移動

iOS12までとの違い

iOS12までとの違いですが、
これまではアイコン長押ししても
ポップアップは表示されませんでした。

iOS12までと操作方法が若干変わった、
アイコン長押しすることで表示される
ポップアップはiOS13の新機能です。

iPhone・iPadの方もお試しください。



スポンサーリンク