iTunesで買った曲を送るには?購入した曲のm4aファイルの保存場所は?



   2021/09/14

iTunesで買った曲を送るにはどうしたらよいのでしょうか。

iTunesで買った曲を送る方法はあるのか

iTunesで買った曲を送る方法として、
再度購入してもよいのであれば、
ギフトとして送ればよいでしょう。

iTunesからギフトとして、
友達に曲を贈ることができます。

パソコンのiTunesで購入する曲の
購入するボタンの右にある
下向き矢印ボタンをクリックして
「この [アイテムの種類] を贈る」
から購入して送信できます。

相手のメールアドレスへ送信しますが、
Apple IDとは関係ないアドレスでも送信可能ですし、
メッセージを添えることもできます。

既に買った曲を再購入せずに送ることはできません。

聞いている曲を知らせる共有機能

聞いている曲を知らせるだけなら
友人・知人やフォロワーさん達へ、
共有機能を使って曲名やアーチスト名を
伝えることができます。

Apple Musicにサインインしている状態で、
パソコンのiTunesで表示される「For You」
にあるプロフィール機能を使うと
自分が聴いている音楽が友達に表示され、
友達が聴いている曲名もこちらに表示されます。

iTunesで購入した曲のファイルは?

iTunesで購入した曲のファイルはどのような種類で、
パソコンのどこに保存されているのでしょうか。

まず、iTunesで購入済の曲を選んで、
雲から下向きの矢印↓がでているマークを
クリックするとダウンロードされます。

認証済みのコンピュータであれば
10台までダウンロードが可能。

「.m4a」という拡張子のファイルで
パソコンに保存されています。

保存されている場所は、
デフォルト設定では、
「ミュージック\iTunes\iTunes Media」です。

もし無ければ、
違う場所に設定変更したのかもしれません。

保存場所を確認・設定変更したい場合は、
以下のように操作してください。

 

iTunes(パソコン)
[編集](上部メニュー)
から[環境設定]

右にある[詳細]をクリックすると
「iTunes Media フォルダの場所」
で保存場所を確認できます。

右にある[変更]をクリックして
保存場所を変更できます。

 


以下は、2014年10月に公開された古い内容です。


iTunes Storeで購入した曲はコピー可能だった

iTunes Store購入した曲がコピー可能、
Androidでも再生できるようになっていました。

以前までiTunes Storeで購入した曲は、
発売元のレコード会社などの方針によって保護されたもの、
保護されてないものが混在していました。

大部分が著作権保護されたファイルであり、Appleのシステムの中、
(=iTunes、iPhone、iPod、iPad)でしか聞けない・・・・・
という不便な環境にありました。

この件、調べましたので備忘録と参考に。

ファイルの拡張子が2種類

これまでは、Windowsのエクスプローラーで
直接iTunesの曲が入っているフォルダーを見ると、
購入した曲ファイルの拡張子に.m4pと.m4aの2種類がありました。
m4pファイル

m4aファイル

保護されたファイルかどうかを判別するには、
ファイル名の拡張子を見るか、
ファイルのプロパティ(Windowsファイルで右クリック、詳細)で、
[保護]の欄にある、はい・いいえ、で確認できます。
デジタル著作権DRM)で保護された曲M4Pファイル

保護されていない音楽ファイル

一番、早くてわかりやすいのは、

(Windows、iTunes11で確認)
起動したiTunesの中で曲を選択し
─右クリック
─[プロパティ]
「概要」タブ
種類:保護されたAACオーディオファイル
場所:(ファイルのある場所)ファイル名.m4p

.m4pと.m4aの違い

.m4pと.m4aの違いについて。

■ファイル名「.m4p
デジタル著作権 (DRM) で保護された曲
(5台までの認証されたコンピュータ、iPhoneやiPodだけで再生、
CD-Rへの書き出し7回まで)

■ファイル名「.m4a
DRM フリー(保護なし、コピー自由)

全曲がDRMフリー化、著作権フリーに

現在、iTunes Store購入する曲は全て「.m4a」、DRMフリー

どうやら、「iTunes in the Cloud」(日本では2012年2月に開始)のサービスインと
同時にDRM廃止、全曲がDRMフリー化となっていたようです。

購入した曲の再ダウンロード、複数デバイスに自動ダウンロードなどを実現するのに、
事実上DRMを維持できなくなったということがあるのかもしれません。

iTunes Plus

iTunes Store が提供するすべての曲は、参加レーベルから DRM 保護なしで提供されています。
これら DRM フリーの曲は iTunes Plus と呼ばれ、使用制限がなく、
高品質の 256 kbps AAC エンコーディング で提供されています。

http://support.apple.com/ 公式ヘルプ最終更新日: 2014/03/25

iOS以外の端末でも自由に再生できる

これで恩恵を受けるのは、Apple端末(iOS)以外の端末。

iTunes Storeで購入した音楽も、Nexus7(Android端末)やスマホ、
Kindle Fire HDX8.9(Amazonタブレット)などに普通にコピーして再生できます♪
何度でも複数端末でも。

あとは、パソコンではiTunes以外のプレーヤーでも、再生できますね。
他のパソコンでもコピー先のフォルダーを適当に。
iTunesをインストールしてないWindowsタブレットでも聞ける♪

この件で、自分は以前からiTunes Storeで音楽を購入するのをためらうことが
しばしばありましたが、今後は躊躇なく買えそうです。(^-^)

DRM保護時代の裏ワザ

実際は、DRM保護時代でも、一旦CD-Rに焼いて、そのディスクから再度
パソコンに取り込めば、簡単に.mp3ファイル(デジタル著作権保護なし)に
変換できたようで、この作業は法律的にグレーゾーンという指摘あれど、
みなさんやっていた模様?(調べるとたくさん出てきます)

そうなると建前上の保護となってしまいますし、何より多くの人が
複数台のスマホ、タブレット、パソコンを所有する、そしてクラウド時代です、
さすがのアップルも自由化に踏み切ったという事情があるのかもしれません。

購入済み楽曲をiTunes Plusにアップグレードは有料

補足)
なお、2012年以前の既にに購入済みの楽曲DRM保護「.m4p」は、
iTunes Plus開始の手続きをしてからm4pファイルを削除し、
再ダウンロードすれば「.m4a」にできるようです。

但し、これが1曲ごとに有料なのだとか。この点は、残念・・・。
150円の楽曲は50円、200円の楽曲は70円で、
m4pファイルがm4aファイルに置き換わり、
高音質かつ著作権フリーのファイルに変換されます。

m4p→m4a変換サービスは終了

後日追記)
購入済みDRM保護「.m4p」曲を「.m4a」再入手するという
iTunes Plusアップグレード有料サービスは既に終了した
という情報あり。

iTunes Match で購入した曲を全デバイスに配信

さらに後日追記)
iTunes Matchという日本でも2014年05月に開始した
Appleの有料サービス(年間3980円)を使えば、
iCloudからiTunes Storeで購入済みの音楽が
あなたの全てのデバイスに自動的に配信される。

iTunesがマッチさせた曲はiCloudから
256kbps AAC、DRM フリーで配信というのだから、
おそらくこれで解決するのでしょう。

関連記事

iPhoneとパソコンiTunes同期トラブル対処
パソコンからiPhoneに動画を入れる方法。iTunesを使わないでmp4を保存できるアプリをご紹介
iPhoneアプリで共有フォルダに入れたメディアを削除する方法はiTunes[ファイル共有]から
iPhoneとパソコンiTunes同期トラブル対処
AirMore接続できない?繋がらないならIPアドレスで。AirMoreの3つの接続方法と使い方
Apple Music もう一度使ってみた。1か月無料体験に再登録2019年4月
YouTube Music Premiumを使ってみた。Google Play Musicとの違いとは?
【迷惑メール】差出人Apple Support「このメールを受け取った理由」偽Appleメールに注意



スポンサーリンク