自撮り棒を購入。三脚にもなるしBluetoothリモコン付き (YIEASY 自撮り棒 Dispho SELFIE STICK Tripod)



 

自撮り棒を購入しました。

YIEASY Bluetooth 自撮り棒 (三脚/一脚) スマホ ホルダー 無線セルカ棒 セルフィースティック 折りたたみ一体型 360度回転  小型軽量 携带便利 ワイヤレスリモコン付き 充電式 iPhone/Android対応 アルミ合金 (ブラック)

しかも三脚で自立できて、Bluetoothのリモコン付き。

こちらについての感想レビューと使い方。
(動画あり)

自撮り棒とは?

自撮り棒とは、自分を撮影するための棒状の器具。

使い方としては、先端のグリップにスマホを挟んで固定し、
インカメラで自分自身が映る状態を見て撮影する。

見ながら撮影できるので、間違いない写真が撮れる。
撮影してくれる他者がいなくても撮れる。
2人、3人など複数人でも撮れる、しかも自分も一緒に含めて。

写真を撮影するための棒だったはずですが、
最近では動画撮影にも使われるようになった。

主に観光旅行者やYoutuberが使っているとされ、
友人・家族等みんなで集合写真を撮るのにも活用されている。

買った理由

自撮り棒を買った理由について。

個人的に自撮り棒には特に必要性を感じませんが、
買ってみてもよいかも?という興味が少しはありました。

それよりも、Youtube用の動画を撮影するのに、
グリップ付の太いアームスタンドやスマホ用簡易柔軟ミニ三脚
のようなものを使っているので、三脚を買おうかな?
と考えていたのでした。

これらが合わさって、この自撮り棒ならスマホを正面に
真っすぐ高く立てられる、と、
やや衝動的に買うことを決めました。

ところでAmazonにはたくさんの自撮り棒が販売されており、
どれを買ったらよいのかわかりません。

その中から販売開始時期が比較的新しい商品であり、
カスタマーレビューで評価のよいものを選びました。

つまりこれが最高の自撮り棒かどうかはわからない
ということになります。

内容物

Amazon段ボールを開封すると、小箱が梱包されている。

これに添えて、印刷した紙1枚の簡易の日本語説明書がついていますが、
箱の中身はビニール包装された自撮り棒本体だけ。

他に付属物はありません。
自撮り棒 YIEASY Dispho SELFIE STICK Tripod

サイズ(長さ・重さ)

自撮り棒 YIEASY Dispho SELFIE STICK Tripod本体
長さは最小に折り畳みした持ち歩くサイズで20cm
最大限に伸ばした最長で63cmでした。

重さを計測したところ154g
自撮り棒 YIEASY Dispho SELFIE STICK Tripod重さ
とても軽い
しかしスマホを装着するとやや重さを感じます、伸ばすほど余計に。

ロッドは4段階に伸びる。
厳密に区切り的に固定はされませんので、お好きな長さで
使うことができます。
自撮り棒 YIEASY Dispho SELFIE STICK Tripod伸ばす

基本的な使い方

先端となるスマホホルダーは、バネの力で挟み込むように
作られており、しっかり固定されます
落ちることはまずないでしょう。

ラバーなのでスマホも傷つかない。
YIEASY自撮り棒スマホホルダー
ただ、3.5インチから6インチまでのスマホに使える
ということなのですが、Zenfone 3 MAX(5.5インチ)では、
かなり狭いキツイ感じで、広げ過ぎて壊れてしまわないかと
心配になりました。
iPhone5(4インチ)では余裕があります、もちろん
しっかりグリップされる。

5.5インチでも使えますから問題ありませんが、
大きめのスマホを使う予定の方はお気をつけください。

可動部分

可動に関しては、あらゆる角度に動くということで
問題ありません。

前後に動き、
左右180度づつ、
スマホホルダーも上下45度づつ完全回転。

唯一動きが制限されているのは、
後ろ方向で40度くらいまでしか倒せない。
しかし左右に180度回転させれば、
棒にひっつくまで倒せますので問題ありません。

さらに手でのグリップの持ち方や、
棒自体の角度などを工夫すれば、
おそらく撮影できない向きというのは無いでしょう。

三脚

手で持つグリップ部分が底から開くようになっており、
三脚になります。
自撮り棒 YIEASY グリップを開くと三脚
厳密に言いますと、棒の芯と言える部分が残りますので、
全部で四脚といった格好、より安定しますね。

しかし3つ開く脚はプラスチック製で、あくまでも開くだけ
という感じですので、まずは立てるのにゆっくり調整する必要がある。

きちんと自立しますが、固い三脚ではない。

つまり自撮り棒が自立するということは素晴らしいですが、
スマホ用の本格的な三脚が欲しい人には向かないという感じ。

あくまで補助的な役割だとお考えください。

それでも最短から最長まであらゆる棒の長さで、
スマホを取り付けたまま立ちます。
自撮り棒 YIEASY Dispho SELFIE STICK Tripod自立

リモコン

リモコンは無線のBluetoothでスマホと接続できます。
iOS、Android両対応。
(iOS 6.0.以上・Android 4.2 以上)
iPhoneで使える。

自撮り棒 YIEASY スマホ装着状態

自撮り棒には有線タイプもあるようですが、
やはりワイヤレスが見た目も利便性もよいですよね。

今回の自撮り棒ではボタンの部分が棒から分離、着脱できますので、
リモコンになり、さらに撮影がしやすい。

特に、離れた場所に立てて、リモコンで撮影すれば
他人に撮影してもらうかのように写真が撮影できます。
ここで三脚+リモコンが生きてくる。

最大10メートル離れても操作できるという。

リモコンの使い方

リモコンは下部側面にUSBマイクロB端子がありますので、
充電します。
USBケーブルや充電アダプタは付属しませんので、
手持ちのスマホやタブレット端末の充電器で代用しましょう。

赤ランプで充電中、消灯したら充電完了。
30分程度で充電できて、24時間作業できるという。

リモコンのボタンを2秒長押しで電源ON
ランプ点灯。

ランプ点滅はBluetooth接続していません。

スマホのBluetoothぺアリング設定画面で、
「Dispho」を選択、タップして接続します。
自撮り棒 YIEASYのBluetooth設定ペアリング
ランプ点灯したらBluetooth接続完了
ボタンを押すとシャッターが切れる、撮影される。

(※リモコンで撮影できない場合、スマホ側の設定で
「音量ボタンを押すと撮影する」設定をOFFにするとのことですが、
管理人のZenfone3MAXでは併用できました。)

なお、リモコンは使わないときには電源を切っておくことが
推奨されています。
ボタンを5秒長押しで電源OFF

問題点・気になるところ

この他、全体的に見て問題点、気になるところも書いておきます。

スマホをホルダーする部分で、大きいスマホほど狭く
キツくなることを書きましたが、その結果、
5.5インチや6インチのスマホですと、4インチに比較して、
早い段階で挟みこむ力がバカになりそうな気がしなくもありません。
その時は4インチも挟めなくなりそうですから、買い替えでしょう。

それからとても単純ながら非常に重要なことを1つ。
同じくスマホを挟み込んで固定するときに物理ボタン類に触れることがあります。
スマホ側面の電源ボタンや音量ボタンですね。
そうなると電源が切れたり、再起動になりますので注意
ボタンの無いところでホールドさせる必要がありますが、
そうなると左右に偏って、自撮りの自立がしにくくなったり。
Zenfone 3 MAXだとちょっとバランス悪い感じになりがちだったことをお伝えしておきます。
iPhoneでも気を付けたい。

自撮り棒 まとめ

初めて自撮り棒を使ってみましたが、
面白い写真や動画が撮影できるなあと思いました。
セルフ撮りを実際に行うかは不確定ですが・・・。

それよりも期待していた三脚。
きちんと自立しますので、これは今後のYouTube動画撮影に活用できそうです。

現在使用中の撮影アームが両グリップなので自立しないのと、
本当のデカいクリップ(洗濯バサミ)みたいなものなので、
スマホ装着しにくい、スマホ壊れそう、正面の撮影がしにくい、等、
やや困っていたのです。

だからこそのスマホホルダー。
当然ですが、自撮り棒であれば無理なくスマートに
きちんとスマホを取り付け、挟めます。この安心感。
iPhone5では強すぎず弱すぎず、サイズ感がジャストフィットでした。

棒全体が20cmまでコンパクトに折り畳めるうえ、
軽いので気軽に外に持ち歩けそう、これもよい。

逆に最下部の三脚部が重厚で絶対倒れないような作りですと、
重くなってしまうのでしょう。
それならこのくらいの作りでトレードオフ、軽量のほうがよいですよね。

この商品自体、外観および細部の作りや仕上げがしっかりしており、
これを高級感と言ってよいのかわかりませんが、
少なくともチープさはありません。

付属品は何もありませんが、日本語の説明書があり、
簡易ながら、図とともに、きちんと書かれていてわかりやすい。

まだファーストインプレッションの段階ですが、
総合評価としては買ってよかった、満足と言えそうです。

※この記事の自撮り棒はこちら
YIEASY Bluetooth 自撮り棒 (三脚/一脚) スマホ ホルダー 無線セルカ棒 セルフィースティック 折りたたみ一体型 360度回転  小型軽量 携带便利 ワイヤレスリモコン付き 充電式 iPhone/Android対応 アルミ合金 (ブラック)

動画

「自撮り棒【開封】YIEASY・Dispho・SELFIE STICK Tripod」

「自撮り棒の使い方(YIEASY・Dispho・SELFIE STICK Tripod)」

関連記事

ZenFone 3 Maxカメラの使い方(写真動画撮影)ZC553KLはカメラ性能がアップ
iPhoneに動画を入れる方法┃iTunesを使わないでも保存できる7アプリをご紹介
VideoPad動画編集ソフト無料版ではエクスポートできない?
Perfect Video(ver4.6.1)【iOS動画編集アプリ】iPhoneやiPadで使える
Perfect Videoの使い方をiPhoneで解説【iOS動画編集アプリ】まとめ
YouTube上でモザイクをかける「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」
Dell デスクトップパソコン Inspiron 3268 Core i7モデル 18Q33【購入】
WiFi無線LANルーター Archer C50【購入】TP-Link AC1200
【レビュー】アイリスオーヤマ パソコンデスク ホワイト PDN-7038 購入
iPadを購入。但し中古の第四世代、2012年モデルをヤフオク相場で落札



スポンサーリンク