WordPress 5.4+PHP7.4にする方法【エックスサーバーの使い方】



 

WordPress 5.4 + PHP 7.4 にする方法、
エックスサーバーの使い方について。

エックスサーバーのレンタルサーバーはこちら

PHPバージョンの確認・変更の使い方(エックスサーバー)

1)エックスサーバーの
サーバーパネルへログインする。

2)[PHP Ver.切替]をクリック。
サーバーパネルの「PHP Ver.切替」(エックスサーバー)

3)ドメイン選択画面になりますので、
変更するドメイン名の
右側にある[選択する]をクリック。

4)「PHPバージョン切替」画面になる。
現在のバージョンが表示されており、
変更後のバージョンがプルダウンで
選べる。
([設定対象ドメイン]プルダウンで、
変更するドメイン名を選択可能)
PHPバージョン切替(エックスサーバー)

5)プルダウンでPHPバージョンを選択し、
右にある[変更]ボタンをクリックする。
PHPバージョン切替のプルダウン選択(エックスサーバー)

6)
画面が変わり、
「PHPバージョンを「PHP7.4.4」に変更しました。」
などと表示されれば変更完了。

WordPress 5.4に必要なPHPのバージョン

WordPress 5.4はPHP5.6.2以上が必要。

WordPress公式の推奨バージョンは、
PHP 7.3(以上)となっています。

すなわち、PHPのバージョンが
5.6.2より前のバージョン
になっているWordPressでは、
先にPHPのバージョンアップをしてからでないと
WordPress 5.4 へのバージョンアップをできません。

「あいぽったぶる」をWordPress 5.4.2(PHP7.4.4)へ

当ブログ「あいぽったぶる」は、
レンタルサーバーの
エックスサーバーで運営しておりますが、
まだWordPress 4(WordPress 4.9.15)でした。
あいぽったぶるWordPress 4.9.15

今回WordPress 5.4 へバージョンアップ
をしましたので、
それに伴うエックスサーバーでの
PHPバージョンアップの使い方、
操作方法を自分メモとして、
この記事に書くことにしました。

同様のことを既にロリポップのレンタルサーバーで
実行していましたので、
すぐに行えばよかったのですが、
こちらのエックスサーバーでは、
てっきりPHPのバージョンが
条件を満たしていない、
だからWordPress 5.4 へ
バージョンアップできない、
と思い込んでいたのでした。

その思い込みのまま、
エックスサーバーのサーバーパネルに
ログインしてみるとPHP7.0.33
すなわちPHP7.0なのでした。
PHPバージョン切替(エックスサーバー)

つまりエックスサーバーの
サーバーパネルにログインせずに、
WordPressの管理画面での操作だけで
いつでもWordPress 5.4 へ
バージョンアップできたわけです。

しかし、せっかくですから、
先にPHPバージョンアップを
エックスサーバーのサーバーパネルで行いました。
PHP7.4.4 へ変更。
あいぽったぶるPHP7.4.4

そしてWordPress にログインして、
WordPressの管理画面で
WordPress 5.4.2 へバージョンアップしております。
あいぽったぶるWordPress 5.4.2

エックスサーバー サーバーパネルでの
PHPバージョン変更作業ですが、
驚くほど簡単で、一瞬で終わりますので、
バージョンアップを躊躇されている方や
遅れている方は、
セキュリティー対策の意味も含め、
迷わずすぐにやることをおすすめします。

ロリポップ PHPバージョンアップの使い方

ロリポップ レンタルサーバーでの
PHPバージョンアップする方法、
使い方については、
以前に書いた記事で解説しました。

WordPress管理画面での
WordPressバージョンアップ操作方法
についても解説しています。

2020/04/25の記事)
WordPress 5.4+PHP7.3にする方法【ロリポップの使い方】データベースのパスワード形式を変える?

※ロリポップ【公式】はこちら

サーバーパネルへのログイン方法が改善(エックスサーバー)

補足になりますが、
全エックスサーバープランにおいて、
2020年3月26日以降は、
サーバーパネルのログインフォーム
の仕様変更され改善されています。

これまでは「サーバーID」と「サーバーパスワード」
でなければログインできませんでした。

現在は従来通りの
「サーバーID」と「サーバーパスワード」
に加えて、
「XserverアカウントID」と「Xserverアカウントパスワード」、
「登録メールアドレス」と「Xserverアカウントパスワード」、
でもサーバーパネルにログインできるようになっています。

エックスサーバーでの PHP 7.4

エックスサーバーでの PHP 7.4 が導入されたのは、
2020年4月6日(月)でした。(全プラン)

PHP 7.4 が PHP 7.4.4 へアップデートされたのは、
2020年 5月26日(火)でした。

(いずれもエックスサーバー全プラン)

エックスサーバーでの PHP 7.3

エックスサーバーでの PHP 7.3 が導入されたのは、
2019年10月24日(木)でした。

PHP 7.3 が PHP 7.3.16 へアップデートされたのは、
2020年 5月26日(火)でした。

(いずれもエックスサーバー全プラン)

(※PHP 7.1以前のバージョンは、
公式サポートが終了。
エックスサーバーでは
PHP 7.3 以上の利用を推奨している)

エックスサーバー簡単インストール WordPress 5.4 日本語版

エックスサーバーでは、
簡単インストール機能で
新規にインストールするWordPressで、
WordPress 5.4 日本語版
に、2020年4月から対応しています。

簡単インストールとは、
簡単な操作でWordPressを
インストール、設置、立ち上げられる機能。

エックスサーバー簡単移行 WordPress 5.4 日本語版

エックスサーバーでは、
WordPress簡単移行機能で、
WordPress 5.4 日本語版
に、2020年4月から対応しています。

簡単移行機能とは、
必要な情報を入力するだけで、
他社サーバーで運用中のWordPressを
自動的にエックスサーバーへ移行できる、
お引越し機能。

ロリポップ
管理人はロリポップ契約中、利用中です。
★ロリポップ!☆レンタルサーバー
※ロリポップレンタルサーバーはこちら

エックスサーバー
現在当ブログ「あいぽったぶる」はエックスサーバーで運営中。
エックスサーバー(レンタルサーバー)
※エックスサーバーはこちら

さくらのレンタルサーバ
当ブログは過去5年以上、
さくらのレンタルサーバーで運営していました。
さくらのレンタルサーバ(レンタルサーバー)
※さくらのレンタルサーバはこちら

スターサーバー
スターサーバーは統合する前の時代の
ミニバードというサービス名の時代に利用していました。
スターサーバー(レンタルサーバー)
※スターサーバーはこちら


◆ドメイン

ドメインは取得・管理が安いムームードメインを利用中。
あらゆるレンタルサーバーにドメイン設定し運用できます。
※ムームードメインはこちら

関連記事

SSLサーバー証明書、更新未完了のお知らせを放置して更新完了のお知らせを受信【エックスサーバー】
エックスサーバーで【ads.txt設定】やってみた。新機能の提供を開始
エックスサーバーの高速化。新機能 Xアクセラレータの設定方法
エックスサーバーで無料の独自SSL設定をやってみた。┃設定方法・使い方
さくら→エックスサーバーへのWordPressサーバー移転(同一ドメイン・URL変わらない)
エックスサーバーを申し込みしてみた。ワードプレスや無料SSL化あり
Search Regex が2.0バージョンアップでエラー解消 2020年5月(WordPressプラグイン)
WordPressのoptions.phpで403エラーならWAF設定を無効にして解除(ロリポップ【レンタルサーバー】)
ロリポップで無料の独自SSL設定をやってみた。┃設定方法・使い方
WordPress脆弱性2017年2月、バージョン確認して4.7.2へ緊急アップせよ
レンタルサーバー転送量とPVの目安【比較】さくら、ロリポップ、Xサーバー、スターサーバー



スポンサーリンク