PR

楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードの違いを比較

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードの違い
を比較します。

楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードの違い

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードは
どちらも楽天カード株式会社が
発行するクレジットカードです。

楽天プレミアムカードは
通常の年会費無料の楽天カードや、
年会費2,200円(税込)の
楽天ゴールドカードの上位版
にあたります。

楽天ブラックカードは
楽天プレミアムカードの
さらに上のランクで、
楽天カードの中では
最上位のクレジットカードです。

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードの違い
としては、申し込み方法、
クレジット利用限度額、
年会費、海外旅行傷害保険、
そしてプライオリティパス
などが挙げられます。

申し込み方の違い


楽天プレミアムカードは
公式ホームページから
自分で申し込みが可能です。

発行対象は
「原則として20歳以上の安定収入のある方」
となっており、
申し込み後の審査に通れば
ほぼ誰でもカードを発行できます。

楽天プレミアムカードは
条件を満たしていれば
比較的申し込みがしやすいカード
と言えるでしょう。

一方、楽天ブラックカードは
楽天カードから招待状が届かないと
申し込みできません。

原則として、
楽天カードが発行するカードを
持っている人の中から
選ばれた人のみに案内が来ます。

自ら申し込める楽天プレミアムカード
と違い、楽天ブラックカードを
作るためには
楽天カードからの招待(インビテーション)
を待つ必要があります。

インビテーションの違い

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカード、
どちらも楽天カードから
インビテーションが届くことがあります。

楽天プレミアムカードの場合は、
楽天カードの保有者で
条件を満たす人であれば
入会の案内が届くことがあります。

また、過去には
楽天プレミアムカードへの切り替えで
年会費が3年間無料や5年間無料になる
といった入会キャンペーンの案内が
届いた例もありました。

一方、楽天ブラックカードの
インビテーションは
キャンペーンの案内ではなく、
選ばれた人のみに届けられる招待状です。

よって、カードの申し込みができるのは、
楽天カードから
インビテーションが届いた人のみとなります。

楽天ブラックカード申し込みURLはある?

インビテーションが届いた人のみが
申し込める楽天ブラックカードですが、
実は公式ホームページに申し込み用のURLがあります。

ページ内の「カードお申し込み」
というボタンをクリックすると、
楽天会員のログインページに移ります。

ログインすると
楽天ブラックカードの
申し込みページが開くので、
名前や住所、年収・預貯金額や
居住状況・住宅ローンや
家賃の支払い有無といった
基本情報を入力します。

次に勤務先の情報を入力し、
内容を最終確認して申し込み完了です。

人によっては電話確認などがあり、
その後審査結果が通知されます。

ただし、突撃と呼ばれるこの方法で
カードを入手できたという例は非常に少なく、
審査の通過はほぼ不可能の模様です。

突撃をして審査に落ちてしまうと、
信用情報機関に
審査落ちの履歴が残ってしまうため
注意が必要です。

楽天ブラックカードの条件は?年収いくらから?


楽天ブラックカードの入会条件は
公開されていませんが、
目安として年収1,000万円以上が
審査の通過に必要と言われているようです。

また、保有している楽天カードの
1年あたりの利用金額が300万円以上で、
数年間にわたり継続して利用している実績
があると楽天カード側に
優良顧客だと認識される可能性が高くなります。

さらに、楽天カード以外にも
楽天ポイントクラブで
一番上のダイヤモンドランクに
なっていることや、
楽天グループのサービスを
頻繁に利用していることも
審査に有利にはたらくのではないか
と推測されています。

例えば、楽天銀行や楽天証券に
2,000万円~3,000万円程の
資産を預けており、
高い会員ランクを保持していることや、
楽天市場や楽天トラベルを頻繁に利用し、
それらの利用金額が高額であれば、
楽天からインビテーションが
来るかもしれません。

クレジット利用限度額の違い

【利用限度額】

「楽天ブラックカード」
300万円~1,000万円

「楽天プレミアムカード」
最高300万円

楽天ブラックカードの利用可能額は
300万円~1,000万円となっており、
金額は審査により個別に設定されます。

300万円が最低金額に設定されていることから、
楽天ブラックカードの
インビテーションが届くかどうかは
保有している楽天カードの
利用可能額が300万円に達していることも
条件の一つではないかと推測されています。

楽天プレミアムカードの場合、
利用可能額は最高300万円です。

通常の楽天カードの利用可能額は最高100万円、
楽天ゴールドカードは最高200万円ですが、
クレジットカード会社から
信用力があると判断されれば、
交渉により上限金額を引き上げられる
可能性があります。

ポイント倍率の違い

【ポイント倍率】

「楽天ブラックカード」
・ポイント5倍
・選べる3つのコース全て適用

「楽天プレミアムカード」
・ポイント5倍
・選べる3つのコースから1つ

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードの
ポイント倍率は同じで、
楽天市場で買い物をすると
どちらも合計5倍のポイントを獲得できます。

楽天ブラックカードの場合は
毎週火曜日と木曜日の
プレミアムカードデーに
楽天市場で買い物をすると、
さらにポイントが1倍加算され合計6倍です。

楽天ブラックカードで
楽天トラベルやRakuten TV、
そして楽天ブックスを利用すると
ポイントが1倍加算されます。
これらのポイント加算の内容は
楽天プレミアムカードの選べる
3つのコースと同じですが、
楽天ブラックカードは
コースを選択する必要なく、
3つのコースのサービス
すべてを利用できるという利点があります。

また、楽天プレミアムカードと同様に、
誕生日月に楽天市場や
楽天ブックスで買い物をすると
ポイントが1倍加算されます。

年会費の違い

【年会費】

「楽天ブラックカード」
33,000円(税込)

「楽天プレミアムカード」
11,000円(税込)

楽天プレミアムカードの
年会費は11,000円(税込)ですが、
楽天ブラックカードに
ランクアップすると33,000円(税込)
の年会費がかかります。

利用できる国際ブランドは
楽天カードや楽天プレミアムカードと同様、
Visa、Mastercard、JCB、American Expressです。

楽天プレミアムカードの場合、
家族カードの発行は
1名につき550円(税込)の年会費が
別途必要です。

一方、楽天ブラックカードは
2名まで年会費無料で
家族カードを発行できます。

保険の違い

【保険】

「楽天ブラックカード」
海外旅行傷害保険
最高1億円の補償
+家族会員も補償対象

「楽天プレミアムカード」
海外旅行傷害保険
最高5,000万円の補償

楽天ブラックカードは
楽天プレミアムカードに比べ、
海外旅行傷害保険に手厚い補償がある
ことが大きな違いです。

傷害死亡・後遺障害について、
楽天プレミアムカードは
最高5,000万円に対し、
楽天ブラックカードでは
最高1億円の補償があります。

賠償責任や救援者費用についても
楽天ブラックカードの方が
より大きい補償額です。

楽天ブラックカードでは
本会員だけではなく
家族会員も海外旅行傷害保険の
補償の対象になります。

一方、国内旅行傷害保険は
楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードで
補償内容に大きな違いはありません。

どちらも家族会員も補償の対象になります。
カードを利用して購入した商品について
事故によって生じた損害が補償される
動産総合保険の内容も同じです。

カードで購入した1個1万円以上の品物について、
購入日から90日以内の盗難や破損による損害が
年間最高300万円まで補償されます。

プライオリティパス利用での違い

【プライオリティパス】

「楽天ブラックカード」
・無料で申し込み可能
・同伴者2名まで利用料無料

「楽天プレミアムカード」
・無料で申し込み可能
・同伴者1名あたり3,300円(税込)

プライオリティパスとは、
世界120以上の国や地域にある
800カ所以上の空港ラウンジを利用できる
会員資格です。

楽天プレミアムカードと
楽天ブラックカードの本会員は
無料で申し込みできますが、
どちらも家族会員は申し込めません。

プライオリティパスに申し込むと、
本来であれば年会費429ドルがかかる
最上クラスのプレステージ会員と
同じサービスが受けられます。

空港ラウンジを無料で利用でき、
回数に制限はありません。

楽天ブラックカードでは
同伴者2名まで利用料が無料です。

一方、楽天プレミアムカードは
同伴者がいる場合は1名あたり
3,300円(税込)の利用料金が必要です。

楽天ブラックカードで3名以上の
同伴者がいる場合も、
3人目からは同様の利用料金がかかります。

★「楽天ブラックカード」
のインビテーションを
ご希望の方は、まず、
「楽天プレミアムカード」
や「楽天カード」で
利用実績を積み上げていく
ことが必要です。

「楽天ブラックカード」は
楽天カード社から
インビテーションが
届かないと
申し込みできませんが、
「楽天プレミアムカード」
や「楽天カード」は
どなたでも
下記から
お申込みできます。

楽天プレミアムカード【公式】は、こちら

※楽天プレミアムカード【公式】は、こちら

※楽天カードは、こちら

関連記事

楽天プレミアムカードのプライオリティパスを使うメリットは?
楽天カードと楽天銀行キャッシュカードの2枚持ちになった
楽天Payエラー「現在サービスがご利用いただけません」アプリ再インストールで復旧
コンビニで楽天ペイ使えないのはなぜ?上限金額は4000円ではないかも
楽天のメルマガがうざいなら解除。登録状況も確認を
【不明なクレジットカード請求】「AMAZON DOWNLOADS 980円」の正体はKindle Unlimited 読み放題だった
Amazon請求に身に覚えがない注文履歴や身に覚えのない請求が来たらどうするか
Emotet(エモテット)がChromeからクレジットカード情報を盗む【注意喚起】