【再購入】RP-HJE150-V カナル型イヤホン パープル【レビュー】

パナソニック カナル型イヤホン
パープル RP-HJE150-Vを購入しました。
パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V

パナソニック カナル型イヤホン パープル RP-HJE150-V

Amazon「ブラックフライデー2022」で注文

Amazonのセール、
ブラックフライデー(2022)で
注文しました。
Amazon注文明細「イヤホン(RP-HJE150-V)」

パナソニック カナル型イヤホン パープル RP-HJE150-V

断線による買い換え

このイヤホンを
ずっと使ってきて、
ついに一方が断線。
音が出なくなってしまいました。
断線したイヤホン(RP-HJE150-P)ピンク
もう一方の音は出ますが、
これでは使い物にならないので、
買い換えということに。

いつもメインで使うのは
Bluetoothイヤホンですが、
有線イヤホンも
持っていると便利なのです。
実際、しばしば使います。

再購入で6本目

このイヤホンを買うのは、
はじめてではありません。

さらに過去へ遡って、
Panasonic ステレオインサイドホン RP-HJE150を購入
という記事も
2013/04/19に
書いていたようです。

過去記事で
このイヤホン5本目と
書いていますから、
今回が6本目なのでしょう。
少なくとも6本以上。

イヤホンに限らず、
こんなにリピート購入した
商品もありません。

カラーはパープルを選択(全9色)

今回、カラーは
パープルにしました。

全9色ですが、ほぼ毎回、
カラーを変えて購入。

前回のピンク、
その記事の写真にある
グリーン、オレンジは
もちろんのこと、
レッド、イエロー、
は使った記憶があります。

もしかしたら、
ブルーとブラックも
あるのかもしれませんが、
前々回の記事過去ログに、
レッド→イエロー→オレンジ
で3本目とありましたので、
記憶違いでしょうか。

1)
レッド
2)
イエロー
3)
オレンジ
4)
グリーン
5)
ピンク
6)
パープル※今回

だと考えられます。

選んだ理由は、
とある知り合いの
フェイバリットカラー
が紫色だというので、
確かにパープルも
きれいだよね、
という話をふと思い出し、
それで決定。

開封・レビュー

パナソニック カナル型イヤホン
パープル RP-HJE150-Vを
開封します。
パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V
内容物は、
イヤホン本体、
イヤーピースと
その別サイズ2つ、
保証書だけ、
シンプル。

・イヤホン
・イヤーピース(S)
・イヤーピース(XS)
・保証書

パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V

イヤーピースは、
一番大きいMが
既にイヤホンに
取り付けられており、
小さいSサイズと
XSサイズが
付属品として同梱。
使用者の耳の穴の
大きさに合わせて
取り換えてるように
なっている。
パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V

コードの長さは、
約1.2mで、
短いと感じたことは
ありません。
長過ぎることもない。
パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V
からみ防止スライダーで、
左右を少しだけ
束ねることもできる。

接続部分のプラグは、
24K金メッキの
ストレート型
ステレオミニプラグ 3.5mm。

なお、パッケージの裏面が
取扱説明書になっています。
取扱説明書(イヤホン RP-HJE150)

安価だが音質がよい

パナソニック カナル型イヤホン
「RP-HJE150」は、
まず価格が安い

なんと683円で購入しました。
以前は1,000円はした
と思うのですが・・・。

イヤホンとしては激安。

そして安いから
買っているのではなく、
音がよい

安価だが音質がよい、
安価でかつ音質もよい、
ということになりますが、
このクオリティなら
3,000円前後でも買うかな
と思います。

高級イヤホン、
高価格帯イヤホンと
比較したら
負けてしまうでしょうが、
3,000円くらまでのイヤホンなら
いい勝負できるはず。

優れた遮音性に注目

パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V
合わせてこの
「RP-HJE150」は、
優れた遮音性を気に入っています。

カナル型イヤホン
とありますように、
耳栓型になっておりまして、
耳の穴の中に
入れ込んで使う。

この使い方が不愉快、
不快感に感じる方には
無理ですが、
そうでなければ、
密閉性遮音性
得られます。

街中の雑踏はもちろん、
電車の中、
特に地下鉄の走行中でも
音楽が聞きやすい、
しっかり聞こえる。

ノイズキャンセリング
機能はありませんので、
外や周囲の音は聞こえます。
これは安全性のためにも必要。

しかし微かな程度で、
音楽がメインになって、
頭の中に響き渡る。

聞きたくない話し声が
あったり、
集中したいときにも有効。

エージングは必要か

イヤホンのエージングは、
効果あるとか効果ないとか
賛否両論あるようです。

正式なやり方があるのかは
わかりませんが、
このイヤホンに関しては
気にする必要はないと
考えています。

普通に聞いていくだけで、
聞けば聞くほど音質がよくなる。

それをエージングと
言うのかもしれませんが、
少なくとも、
使い続けることで、
体感的にでも、
自然に音がよくなっている
気がしてます。

ちなみに断線して故障した
ピンク色はL側しか音がでませんが、
今回のパープルと
交互に聴いてみました。
ピンクはそのL側も音がかすれたり
途切れたりするのでわかりませんが、
そこまで違いはないのかも
しれません。

まとめ RP-HJE150は名機だと思う

パナソニック カナル型イヤホン(パープル)RP-HJE150-V
パナソニック カナル型イヤホン
「RP-HJE150」は名機だと思います。

カナル型イヤホンだけに
低音もよく響くし、
何よりも小さい音でも、
しっかり音楽を聞ける。
耳にもよいですね。

得てして、密閉性がよいと、
音がこもりがちですが、
そのようなことはなく、
音の抜けや、分離もよい。

だから音楽が聞きやすい。

もちろん高価格帯の
イヤホンやスピーカーのように、
高音もクリアーで
透き通るような音質という
わけにはいきません。

ただ、この価格帯の
イヤホンで言えば、
外出先でも、
こんなにマイルドな音で
気分よく音楽の世界観に
没入できるのは素晴らしいと
思います。

低音・中音域・高音、
音の分離など、
音像が全体的に卒なく
きれいに成立している。

要は、音のバランスがよい。
それがこんなに安いと。

安いことの別のメリット
として、雑に使っても、
壊れたら買い替えればよい
という気楽さもあります。

どうやら今回は4年半近く
使っていたようです。
以前までの分も平均2年くらいは
使えていたようで、
実は耐久性にも優れている
ことがわかります。

メインのイヤホンやヘッドホン
をお持ちの方が、
予備のイヤホンとして、
このRP-HJE150を持っておいても
損はないかと思います。

カラーも豊富ですし、
気になる方は、お試しください。

「パナソニック カナル型イヤホン パープル RP-HJE150-V」は、こちら(Amazon)
この記事のイヤホンはこちら

【楽天市場で買う】

 

 

関連記事

有線イヤホンおすすめ10選【2022年9月】
骨伝導イヤホンおすすめ10選【2022年7月】
イヤホン・ヘッドホン おすすめ10選【2022年6月】
ポータブルデジタルオーディオプレーヤーおすすめ10選【2022年10月】
ポータブルデジタルオーディオプレーヤーおすすめ10選【2022年5月】
Bluetoothイヤホンおすすめ10選(完全ワイヤレスイヤホン)【2022年1月末】
【開封】骨伝導イヤホン「B10」(Sayrelances)【レビュー】
Bluetoothイヤホン Truengine 3SE【購入】(SOUNDPEATS)完全ワイヤレスイヤホン
AUSDOM Bluetoothヘッドホン ANC7S【購入】
【レビュー】Bluetoothヘッドホン AUSDOM M07 を購入