インクカートリッジ交換(LC3111Y・イエロー)プリンター DCP-J572N



   2020/03/07

プリンターのインク交換をしました。
PRIVIO(プリビオ)DCP-J572N(ブラザー)のイエローの1色。
(動画あり)

動画 インクカートリッジ【交換】LC3111Y(プリンター DCP-J572N 用)イエロー

「インクカートリッジ【交換】LC3111Y(プリンター DCP-J572N 用)イエロー」

インクカートリッジ LC3111Y(イエロー)ブラザー純正

交換用インクカートリッジ LC3111Y イエロー

今回交換したのは、
以前のこちらの記事で購入した
ブラザー純正のインクカートリッジ。
以前の記事)
「インクカートリッジLC3111Y購入。Amazonより楽天市場のほうが安い」
(2019/07/09)

【brother純正】インクカートリッジイエロー LC3111Y 対応型番:DCP-J982N、DCP-J978N、DCP-J582N、DCP-J577N、MFC-J738DN 他

楽天市場でLC3111Yイエローを探す(交換用インクカートリッジ)

動画「インクカートリッジ【開封】LC3111Y(プリンター DCP-J572N 用)イエロー」

インク不足警告から7か月で完全なインク切れに

昨年の7月に購入しておいた割に、
思ったよりもすぐには無くなりませんでした。

ついに完全なインク切れとなったのは、
その7か月後となる2020年2月24日。
当日すぐにインク交換を実施しました。

インクカートリッジの交換方法

インクカートリッジの交換方法は
至って簡単。
既に経験済ですが、そうでないとしても
わかりやすいですし、何よりも、
操作パネルに案内があるのが親切。
インク切れ、交換の案内表示(プリンター DCP-J572N)

前面の右側にあるインクカバーを開ける。
装着済みのインクカートリッジ4色が
並んでいますので、
交換する色のインクカートリッジを特定。
上のレバーを軽く押し下げて取り出す。
インクカートリッジ交換(プリンター DCP-J572N)

これで古いインクカートリッジが無くなり、
そのスペースが空く。
そこへ新しいインクカートリッジをセット。
交換用インクカートリッジ LC3111Y イエロー

以前の記事)
プリンター PRIVIO DCP-J572Nのインクカートリッジ交換【使い方】

インクを検知できません。ゆっくり入れ直す

ところが今回、
インクカバーを閉めると、操作パネルに
「インクを検知できません」という警告表示。

「ゆっくり入れ直す」という操作案内。
インクを検知できません(プリンター DCP-J572N)

改めてインクカバーを開き、
取り付けたばかりのイエローを再度取り外し、
ゆっくり入れてみました。
インク交換 LC3111Y イエロー(プリンター DCP-J572N)

二度目は問題なく成功。
操作パネルのインク交換警告が消え、
通常のホーム画面になっていれば
インク交換は完了。

インク残量の確認方法(操作パネルの使い方)

操作パネルで、
右下のインクアイコンをタップ、
[インク残量]をタップ、
すると、
4色の残量表示になる。
インク残量確認(プリンター DCP-J572N)
交換したイエローだけが、
フル満タン(全量満たされている)ので、
新しいインクカートリッジ交換直後
だということ、
正常にセットできて
プリンターに認識されたことがわかります。

シアンとマゼンタ残量不足

動画や画像を見ればおわかりになるかと思いますが、
他の2色、シアンとマゼンタも
残量不足の警告になっています。

早めに買っておこうと思います。

後日追記)2020年3月2日に4色パック「LC3111-4PK」を購入しました。
【brother純正】インクカートリッジ4色パック LC3111-4PK
Amazonタイムセール祭りで注文。
【brother純正】インクカートリッジ4色パック LC3111-4PK 対応型番:DCP-J982N、DCP-J978N、DCP-J582N、DCP-J577N、MFC-J738DN 他

モノクロ印刷のみ可能

イエローがインク切れして
交換案内表示の段階で、
案内パネルを改めてよく見ますと、
「モノクロ印刷のみ可能です」
となっている。

以前使っていたエプソンのプリンターでは、
いずれか1色でもインク切れすると
印刷自体ができなくなる仕様でしたので、
欠けてない色でなら印刷可能というのは助かります。

ほとんどの場合は、
黒で印刷することが多いでしょうから、
少なくとも黒だけ残っていれば、
モノクロ(白黒)で印刷できるというのは、
当然のようでいてとても実用的。

現状もカラー印刷の予定はほとんど無い
わけなのですが、
交換用インクカートリッジも
手元にあることですし、
モノクロ印刷で続行せずに、
イエローのインクカートリッジについて、
すぐに取り替えました。

インクのコスパよい

個人的に滅多に印刷をしないという状況が
大きく関係していたと思われますが、
インク残量不足の警告からも
一定期間持ちました。

やはり口コミなどにもあるように、
エプソンやキャノンのインクよりも、
ブラザーのほうがコスパよく、
ランニングコストは安いのではないでしょうか。

記憶している限り、
エプソンやキャノンのプリンターの場合、
一定期間使っていなくても、
使用再開時にインクの調整をするのか
消費してしまうので、
使わない期間があっても結局のところ
減りが早かった気がします。
(現在は改良されたかもしれませんが)

このプリンター
PRIVIO DCP-J572Nを購入したのが、
2018年4月ですから、
まもなく丸2年になる。

以前の記事)
プリンター PRIVIO DCP-J572N 購入(ブラザー工業・brother)プリビオ【レビュー】

1年後の2019年5月にブラックを交換して、
今回2020年2月にイエロー交換。

シアンとマゼンタはこの後、
交換用インクカートリッジを購入予定ですが、
まだ交換すらしていません。

ブラザーのプリンターは、
インクのコスパよいと思えます。

※この記事のプリンターはこちら

(旧モデル) brother A4インクジェット複合機 DCP-J572N (12ipm/両面印刷/無線LAN/手差し)

※新型はこちら【DCP-J582N】

ブラザー A4インクジェット複合機 DCP-J582N (無線LAN/手差しトレイ/両面印刷)

インクカートリッジ4色パックのセット

【brother純正】インクカートリッジ4色パック LC3111-4PK 対応型番:DCP-J982N、DCP-J978N、DCP-J582N、DCP-J577N、MFC-J738DN 他



スポンサーリンク