Windows10アップグレードしたら日本語入力できなくなった。IMEを戻す方法

 

Windows10へアップグレードしたら日本語入力できなくなりました。
この対処法と使い方を備忘録と参考に。

日本語入力できない症状

入力についておかしくなったのは明らかに、直前に行った
Windows8.1からWindows10へアップグレードしたことが原因であり、
そこからWindows8.1ダウングレードして戻した後の8.1でも日本語入力が
できなくなっていました。

コントロールパネルなどいろいろ確認したのですが、IME日本語となっており、
正常の様子。

しかし物理キーボードでの切り替えショートカットが機能しません。
どうしてもアルファベットしか入力できない。

右下の「あ」といったようなIMEの表示がなくなっていることに気づきました。

それから、Windowsタブレットだったのですが、ソフトキーボードで
入力できなくなっている、タップやマウスクリックでソフトキーの反応がない。

ひらがな、漢字など日本語は全く入力できず。
マウスは動き、コピペは可能。検索入力窓などでの予測候補を選択すれば、
日本語は表示し選択にて入力されますが。

関連記事

Windows 10アップグレードしたが不具合で8.1に戻した

言語バー、日本語IMEツールバーを表示させる

いろいろ調べて、よい解決方法が見つかりました。

言語バー、日本語IMEツールバーを表示させるために、
以下のように操作してみてください。

<IMEを表示・起動させる方法・使い方>

Windows8.1
左下を右クリック
(ポップアップ表示)
ファイル名を指定して実行
「ファイル名を指定して実行」
[ctfmon.exe]と入力してOK
ctfmon.exeと入力し実行する
IMEが起動する
(右下に現れる「あ」)

言語バー、IME日本語ツールバー

言語バーが消える?ctfmon.exeとは何か?

ctfmon.exeとは何か?と不安になるかもしれません。

「.exe」はプログラムの実行ファイルの拡張子であり、
ctfmon.exeはWindowsに標準インストールされ、
Windows起動時に自動起動するテキスト・サービス。

Windowsでは言語バーが突然表示されなくなるというトラブルが
歴代のバージョンにあり、いまだに解決されていないという。

これに関係して、[ctfmon.exe]が消えた言語バー表示への対処方法のひとつ
としてあるのだそうです。

言語バーの消失で日本語入力できないとなりますから。

IMEが戻り、正常に直った

日本語IMEが戻ったあとは、日本語、平仮名、漢字を入力できるように復旧しました。
アルファベットと日本語の切り替えもできる。

ソフトキーボードも機能。
タッチ操作やマウスクリックで入力できるよう戻っています。

まとめ Windows10アップグレードしたら日本語入力できなくなった

実はこのトラブルに気づいたのはWindows8.1。

つまりWindowsタブレットをWindows10へアップグレードしたものの、
不具合がいくつか見られたので、すぐさまダウングレードしてWindows8.1へ戻す
ことにしました。

戻したはいいけれど、今度はWindows8.1で日本語入力できなくなっているという・・・。

どうやらWindows10へアップグレードした時点で入力に不具合が起きていたようです。
直後にダウングレードしてしまいましたので気づきませんでした。

Windows10へアップグレードしてから日本語入力できなくなったとお困りの
Windows10ユーザーの方も上記の方法で解決できるかと思います。

関連記事

Windows 10を発表、米マイクロソフト
Windows10の無償提供7月29日開始、ダウンロード予約可
Windows 10アップグレード開始
エクセルで長文を入力したいなら改行やセル結合を
Googleスプレッドシートで改行とセル結合、長文入力に便利
Chromeブラウザでクレカ番号が知らずに保存されてる恐怖、自動入力を削除する方法は?
YouTube説明欄のリンクがエラーになる解決法は短縮URLだった
WordPress脆弱性2017年2月、バージョン確認して4.7.2へ緊急アップせよ



スポンサーリンク