消音モードでサイレントモード iPod touch(第7世代・2019)マナーモード、サイレントスイッチの代わりに



 

iPod touch(第7世代・2019年モデル)で、
消音モードの使い方を解説します。
(動画あり)

動画「iPod touch(第7世代・2019)消音モードでサイレントモード(マナーモード)」

「iPod touch(第7世代・2019)消音モードでサイレントモード(マナーモード)」

消音モード(iPod touch 7)

消音モードを使うには設定変更をします。

iPod touch(第7世代・2019・iOS 12.4.1)
[設定]
[コントロールセンター]
[コントロールをカスタマイズ]
「消音モード」左端の
「+」(緑丸)ボタンをタップ
(コントロールセンターに消音モードが追加される)
コントロールセンターを開いて、
消音モードのボタンをタップすると、
消音モードON/OFF

消音モードをONにすると、
着信音と通知音が鳴らなくなります。
ロック時の音、キーボードの音やタップ時の
操作音もOFFになる。

マナーモードとして、
iPhone・iPadにあるサイレントスイッチの代わりに使える。

消音モードでも音は鳴る、バイブレーションも

消音モードでは、
スピーカーから音が鳴らないだけで、
イヤホンからの音は再生される。

アラームの音、カメラのシャッター音も鳴る。
スクリーンショットの音も。

完全に音を鳴らさないためには、
アラームの設定を全てOFFにしておく。

なお、iPhoneでの消音モードでは、
バイブレーションは作動するので注意。

iPod touchにはバイブ機能がないため、
バイブレーションの振動を
心配する必要はありません。

おやすみモード

消音モードに似ている機能として、
おやすみモードがある。

決まった時間に消音にするようにしたり、
画面が光らないようにする、
バイブレーションも機能しない。

iPhoneでバイブ機能が作動するのを避けるには、
消音モードよりも、
おやすみモード、サイレントスイッチ
を使用したほうがよい。

関連記事

iPod touch(第7世代・2019)使い方・まとめ



スポンサーリンク