ダークモード【iOS 13】の新機能。目に優しい配色の画面へ



 

ダークモードの使い方について解説します。
iOS 13の新機能。

iPod touch(第7世代・2019年モデル)で
確認しました。
(動画あり)

動画 iPod touch(第7世代・2019)ダークモード【iOS 13】

「iPod touch(第7世代・2019)ダークモード【iOS 13】」

ダークモードとは?

ダークモードとは画面表示において、
黒を主体とした目に優しい配色にする機能。
iOS 13の新機能。

メニューや、ダークモード対応のアプリは、
黒中心の画面に変わる。

ダークモードの使い方やり方

ダークモードの使い方、やり方ですが、
設定から変更する。

iPod touch(第7世代・2019)
(iOS 13.1.2で確認)
[設定]
[画面表示と明るさ]
[ライト][ダーク]で、
[ダーク]をタップして選択すると
ダークモードになる。

[ライト]は、これまでと同じ通常画面。
元に戻すときは、
この[ライト]のほうをタップ。

そのすぐ下にある
[自動]をタップすると
日の入から日の出までダークモード
自動で切り替わる。
[オプション]をタップして
[カスタムスケジュール]をタップすると
ライトに変わる時刻、ダークに変わる時刻を設定でき、
設定時刻で自動的に切り替わる。

コントロールセンターから起動

コントロールセンターで
明るさ調整のスライドバーを長押し。
全画面表示で明るさ調整スライドバーになったら、
下部にダークモードのボタンがある。

このダークモードのボタンを
タップしてONとOFFを切り替える。

ショートカット起動の方法

設定変更でコントロールセンターに
ボタンを追加しておけば、
ショートカット起動できる。

[設定]
[コントロールセンター]
[コントロールのカスタマイズ]
「ダークモード」左端の[+]ボタンをタップ
コントロールセンターに
ダークモードのアイコンボタンが追加される

コントロールセンターで
ダークモードのボタンをタップすると
ダークモードになる。

ダークモードのメリットは目に優しいこと

ダークモードのメリットは目に優しいこと。
光で眩しくなりにくいブルーライトカットのような
長時間使用での目の負担を少なくする。

また、バッテリーの持ちがよくなるメリットもある
と言われています。
消費電力を少なくする。



スポンサーリンク