Anker PowerCore 10000を購入、モバイルバッテリーのレビュー

   2017/01/28

ANKER powercore 10000というモバイルバッテリーを購入しました。(動画あり)

Anker PowerCore 10000 (10000mAh パナソニックセル搭載 最小最軽量* 大容量 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点 A1263011

小さな携帯用の充電器ですが大容量10000mAhもあり、
スマホやタブレットを複数回も充電できます。

セールで注文

先日のAmazonプライムデー(2016年7月12日)の激安セールで注文。
Anker PowerCore 10000割引安売りセール
2499-749=1750円、3割引きで買えました、安い。(*^^)v
(※現在は2299円に戻ってます。)

内容物

パッケージ内容:
Anker PowerCore 10000 モバイルバッテリー、
Micro USBケーブル、
トラベルポーチ、取扱説明書、

持ち運び用の簡易ケースまで同梱。
取扱説明書がどこにあるのか?わかりにくいですが、
仕切り用の紙など全て取り出したその裏、箱の一番下の底面に
サポート案内と合わせて入っています。

ANKER powercore 10000

ANKER powercore 10000

世界最小&最軽量: 10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、
世界最小&最軽量(※2016年1月末時点)。
コンパクトで、卵3つ分ほどの重さしかありません(約180g)

iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応
マット仕上げ
PowerIQ & VoltageBoost搭載

Anker PowerCore 10000外箱

ANKER powercore 10000サイズ、重さ

Anker PowerCore 10000モバイルバッテリー

実際にANKER powercore 10000の重さを計測してみますと、
181gでした。計測時の誤差含め約180gで間違いありません。

Anker PowerCore 10000重さ

卵3つ?軽いな~
と思っていると持ったときズシりときます。(^-^;
しかし個人的にこれまで使ってきたモバイルバッテリー
が8800mAhで228gありましたので、
64g軽くなった(20%以上減)にもかかわらず
容量1200mAh増えましたので満足できます。

サイズはクレジットカードくらいの大きさ。
以前のモバイルバッテリーより明らかに小さい。
小さなハンドバックやポケットにも入ります。

大きさ比較:スマホP8 liteとAmazon Fireタブレット7インチと並べてみました。
Anker PowerCore 10000が最も小さくコンパクト。
Anker PowerCore 10000大きさ比較

ANKER powercore 10000 使い方

ANKER powercore 10000 使い方ですが、
付属のUSBケーブルでスマホやタブレットと接続するだけ。
自動的に充電が始まり、はずすと終了します。

Anker PowerCore 10000充電中

ANKER powercore 10000側面にあるボタンがON、OFFでもありますが、
残量ボタンと言うべきでしょうか、残量ランプが点灯します。

ケーブルの接続は、2穴あり、
InputというマイクロUSBの口へ給電する、
ANKER powercore 10000本体の蓄電。
もうひとつの口、USBメスからスマホへ接続して使う、充電。

Anker PowerCore 10000ボタンとUSB

蓄電はパソコンのUSBに接続するか、電源アダプタを用意して
コンセントへ接続します。
(※電源アダプタは付属していません。)

付属の短いUSBケーブルですが[標準オス─マイクロBオス]
ですから、蓄電と充電の両方に使えるわけです。

残量

小さいランプが4つ並んでいます。

Anker PowerCore 10000残量ランプ

バッテリーの残量・蓄電量
4つ:100%
2つ:50%
1つ:25%

最後の1つになっても2500mAhは残っているわけで、
およそスマホ1回はゼロから満充電までもっていける計算。
不足分を解消するだけならまだまだ余裕ある。

充電回数

iPad Airに約1回、Galaxy S6に約2回半、
iPhone 6sに約4回、iPad mini4に約1回、

おそらく概算で、

P8 lite:2200mAh、推定4回半
iPhone5:1440mAh、推定7回弱

くらいは充電できますので、タブレットでも安心、
スマホなら複数回充電が可能。

8800mAhでも朝から夜にかけて無くなることはまずありませんでしたので、
不足分の継ぎ足し充電程度なら、かなりの期間使い続けられる。
旅行や出張のときに活用できるでしょう。

PowerIQ、VoltageBoostとは?

PowerIQとVoltageBoostとはAnker社の独自技術
なのだそうで、フルスピード充電技術。

全ての機器で最大2.4Aで急速充電が可能になるという、
要は機器ごとに最適な電流を送るので充電が早い、
充電のトラブルが起きにくいということでしょう。

ANKER powercore 10000の充電時間は?

ANKER powercore 10000への給電、蓄電時間は
おそらく数時間以上はかかるでしょう。
いずれ確認してみます。
(8800mAhで8時間~半日くらいかかってました)

後日追記)
実際に、一般的な1Aの電源アダプタでコンセントから給電。
ランプ1つ(4分の1)を蓄電するのに2時間程度、
満充電までは8時間程度でした。
Amazonカスタマーレビューには満充電できないという意見も
ありますが、きちんとランプ4つ点灯までいけます。

バッテリ残量の確認方法は、未使用時に側面のボタンを
押すことでランプで示される。
ランプ1つが25%相当なので4つ点灯は満タンに近い。
空のときはランプが1つだけ点滅します。

スマホ・タブレット端末などの充電時間は?

充電テストしてみました。
※機器バッテリ側のヘタリや環境差などあります。
充電時間は目安としてください。

P8 lite
充電10分で76%→83%、
充電20分で83%→90%、
充電30分で90%→94%、

iPhone5
充電10分で76%→83%、

Fireタブレット(2015)
電源ゼロから
充電10分で1%
充電20分で7%、
充電30分で12%、

Kindle Fire HDX 8.9
充電10分で57%→62%

Acer ICONIA W4-820
Windowsタブレットの充電用マイクロBへ接続しましたが
タブレットの充電はできませんでした。
(ランプが1つついたので逆にモバイルバッテリーの蓄電になっているのかも?)

まとめ Anker PowerCore 10000

コンパクトなボディーに10000mAhもあるモバイルバッテリー。
とても軽いというより、大容量バッテリーとしてはとても軽い
という印象。

普通の日常使いでスマホの電池不足があっても10000mAhも
必要ありませんが、このAnker PowerCore 10000のほうの
蓄電充電をしないまま何日も使い続けられるのは便利。
カバンに入れっぱなしでもよいのですから。
旅行など宿泊時にもこれひとつあれば安心ですよね。

まだ使い始めなので、今後、使用感を確かめていきたいと
思います。

動画

今回レビューしたモバイルバッテリーはこちら
→ Anker PowerCore 10000 (10000mAh パナソニックセル搭載 最小最軽量* 大容量 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点 A1263011

関連記事

Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード購入
iBUFFALO BSMBB10NBK購入【Bluetoothマウス】
Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池を購入
シリコンパワー マイクロSDカード購入 SP032GBSTHBU1V20SP
microSDカード 32GB SAMSUNG EVO 購入
【スマホ】HUAWEI P8 lite(Gold)ALE-L02 購入、SIMフリー
計量器【レビュー】DRETEC デジタルスケール バルケット KS-513WT
QY8を購入【Bluetoothイヤホン】レビュー。高音質apt-X対応

楽天カード┃お得なクレジットカード、ポイントがたまる

スポンサーリンク