BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000購入



   2016/01/12

BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000を買いました。

BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000

自炊、本の電子化のためのADFスキャナーです。

購入にあたっての動機や経緯など備忘録。


<動機>

電子書籍を購入して読むようになったことと、購入したタブレット
Kindle Fire HD 8.9が大画面・高解像度で電子書籍の読書に向いていること。

あとは部屋にある捨てられない雑誌・本を捨てるという計画が以前からありました。
電子化保存すれば気持ち的に捨てられる。

そこで試しに行った自炊レンタルスペースで何冊か自炊してみたところ、これはいいと実感。
保存だけではなくタブレットやパソコンでいつでも読めるようになる。

自炊レンタルスペースへ行ってみた
自炊レンタルスペースへ行ってみた(その2)

とりあえず自炊向けスキャナーを買うことに。


<自炊スキャナー>

いろいろ調べてみたところ、自炊向きのスキャナーと言えば、

定番、人気No1
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A

と、その後継となる最新機種
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

を多くの人が選択し、初心者も安心して無難に自炊スキャンできるらしい。
確かに自炊レンタルスペースや自炊機材レンタルでも採用されてる。

ですが、結構高いお値段。(-_-;)

下位機種に
富士通 ScanSnap S1300i FI-S1300A

という安いのがありますが、読み取り速度が遅くて、1度にセットできる枚数も少ない。
労力が大変そうだし、コンパクトな設計は持ち歩き的な要素で開発されてることもあるようで本格的自炊向けではないかな?

そこでさらに調べますと、他社からも自炊向け競合モデルがあるみたい。

Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル
場所を取らない、排紙スペースいらず、

EPSON シートフィードスキャナー ES-D350 A4対応 CCDセンサー 給紙枚数75枚 両面同時読み取り対応 重送検知機能搭載
1度に75枚大量セット、高速

BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000
S1500より高速

Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル
コンパクト、安いが、とても遅い、

どれも一長一短があるようだ。
安いには訳があって、難があるらしい。これらより高価なS1500や500xiが売れているのはそれだけ総合的に完成度が高いということらしい。

つまりS1500や500xi以外を買うと、何かが足りない、劣る可能性が高い・・・・・。


<BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000>

ではなぜ、ADS-2000を選んだのか。

コンパクト機を除く、本格自炊向けのスキャナーとしてS1500同等のライバル機的な3台。

3台のどれもよいような気がして、実際どれでも自炊できると思うし、自炊してる人もいるようだし、どれがベストかはわからない。
ここは迷った。
でも一番安いのが後悔も少なくて済むだろうと。(^-^;

実際、安い。
S1500、500xiの半額に近い。

それでこのADS-2000の難は何か?
意味のない余白ができる、外枠に線影が入る、傾く、原稿が詰まると破れる、といったことが起こるらしい。
レビューやブログからの情報なので本当にそれらが起こるのかはわからないけれど、スキャン後に画像加工修正すれば何とかなりそうだと。(破れたら困るけど(~_~;))

ちなみにS1500を使いたい時は自炊レンタルスペース行くか機材レンタルするという選択肢がある。
(500xiやさらなる高級機も用意されてる)

そんな経緯でADS-2000を購入しました。

BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000

ADS2000_1

Amazonにしては珍しくAmazon段ボールではなく届きました。
BROTHERの製品箱のままで。(そりゃそうですかね。)

ADS2000_2

大きさは写真で見るほど大きくはない。
30cm幅、奥行きも20cmくらい。

ADS2000_3

雑誌をスキャンのするにほどよい大きさ。
そんなに場所は取りません、ノートパソコンの隣にでも置ける感じ。

ADS2000_4

自炊生活始めたいと思います。

※別ブログにさらに詳しく書きました。
Brother ADW-2000本体サイズ
Brother ADW-2000初期設定レビュー
自炊で本の電子化
ADS-2000を購入した理由



スポンサーリンク