文字入力での連続タップ【iOS 13】の新機能。ダブルタップ・トリプルタップ



 

文字入力での連続タップする使い方について解説します。
iOS 13の新機能。

(動画あり)

動画 iPod touch(第7世代・2019)文字入力での連続タップ操作【iOS 13】

「iPod touch(第7世代・2019)文字入力での連続タップ操作【iOS 13】」

文字入力

iPod touch(第7世代・2019年モデル)
iOS 13.1.2で確認しました。

iPhone・iPadの方もお試しください。

文字入力で1回タップ

文字入力の画面で、
1回タップした位置にカーソルが入る。

カーソルは点滅しており、
その位置から文字の入力となる。

文字入力で2回連続タップ(ツータップ・ダブルタップ)

文字入力の画面で、
2回連続タップ(ツータップ・ダブルタップ)すると、
その位置にある単語や文字が選択される。

例えば「文字」「キーボード」など。

文字入力で3回連続タップ(スリータップ・トリプルタップ)

文字入力の画面で、
3回連続タップ(スリータップ・トリプルタップ)すると、
その位置にある1文が選択される。

1文とは句点(マル)「。」まで。
行数や文の長さは関係なく、
「。」の後から開始し、次の「。」まで。

文字入力で4回連続タップ(フォータップ)

文字入力の画面で、
4回連続タップ(フォータップ)すると、
その位置にある1段落が選択される。

1段落とは改行がある手前までの全文。
句点(マル)「。」の後であっても
改行が無ければ、次の一文も続いて含まれ、
改行があるまで選択範囲が続く。

文字入力での選択範囲の変更

文字入力で範囲を選択すると、
点滅カーソルは無くなる。

選択範囲は薄い色で覆われており、
先頭には縦線と上丸、
末尾には縦線と下丸、
のアイコンがある。

これら先頭・末尾のアイコンは
長押ししてからドラッグで動かして移動でき、
それによって選択範囲を変更することができる。

2回連続タップ(ツータップ)、
3回連続タップ(スリータップ)、
4回連続タップ(フォータップ)、
で指定された選択範囲を変更できる。



スポンサーリンク