YouTube Premium 日本開始。YouTube Music Premiumとの違いとは?



   2018/11/22

YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム)が
2018年11月14日、日本でサービス開始。

このサービス内容の全容がわかりにくい。
わかったようで、わかっていない方も
少なくないように思いましたので、
YouTube Premiumについて、自分メモとしても、
まとめ。(動画あり)

音声解説の動画

「ニュース解説「YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム)が日本でサービス開始」

情報まとめ

広告なし視聴できる「YouTube Premium」、日本でもスタート
2018年11月14日 ITmedia NEWS

YouTubeが広告無し、オフライン再生できる有料プラン。独自作品「Originals」も
2018年11月14日 AV Watch

YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム)とは?

YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム)とは、
YouTubeの有料版。

海外では2014年からYouTube Music Keyとして
スタートし、YouTube Redへ名称変更、
さらにYouTube Premiumに名称変更していたサービス。
遅れて2018年11月、日本もサービスイン。

動画共有サービスであるYouTubeは
無料で視聴できます。
これまで通りで、今後もそうです。

そこに月額料金を支払うことでいろいろな機能が付加される。
それが今回のYouTubeプレミアム。

YouTubeプレミアムのサービスは、
以下の通り。

<YouTubeプレミアム>

  • YouTubeで広告なし
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • YouTube Music Premium
  • YouTube Originals
  • YouTube Kids
  • YouTube Gaming
  • Google Play Music

無料のままYouTubeを視聴しますと、
動画の開始前や再生中などに
広告が入る。
この広告が無くなる。

気に入った動画を一時保存でき、
オフライン再生が可能。
外出先で通信量を消費することなく
動画を視聴できることになる。
電車など移動中でも途切れる心配がなくなる。

バックグラウンド再生とは、
他のアプリを使用中や
スリープ状態でも
再生が続くということ。
複数のアプリでマルチタスクを
している間も動画の音声が流れ続けますし、
電車に乗るときにスマホ画面を消灯に
にしていても動画の音楽が聞けます。

YouTube Musicという
音楽サービスも同時に開始したのですが、
この有料版YouTube Music Premiumも使える。

合わせてGoogle Play Music
(Google Play ミュージック)
も使えるという。
こちらも音楽配信サービス。

通常のYouTube動画と同様にして、
YouTube Kids(子供向けだけの動画アプリ)や
YouTube Gaming(ゲームだけの動画)でも、
広告なし・オフライン・バックグラウンド再生できる。

YouTube Originalsというのは、
Googleのパートナーあるいはクリエイターが作り、
YouTubeで公開する映画やアニメの番組。
それらを視聴できる。

YouTubeプレミアムの月額料金

YouTubeプレミアムの料金は月額制。
1か月ごとに1180円。

月額:1,180円

ファミリーメンバー
(最大6人まで)
月額:1,780円

現在、キャンペーンとして、
3か月無料体験を実施しています。

YouTube 無料
YouTube プレミアム 有料

YouTube Music Premiumとの違いは?

YouTube Musicとは音楽のサービスで、
YouTube Premiumの日本開始と同時にスタート。
Spotifyのような音楽配信サービス。

ですからYouTube Musicは、
YouTube的でありつつも、
YouTubeよりもGoogle Play Musicに近い
サービスということも言えます。

その有料版がYouTube Music Premiumであり、
月額980円。
これは前述の通りYouTubeプレミアム
に含まれている。

YouTube Music 無料
YouTube Music プレミアム 有料

(YouTube Musicについては、
別の記事で詳しく解説したいと思っています。)
※書きました、こちらの記事)
YouTube Music Premiumを使ってみた。Google Play Musicとの違いとは?

YouTube Premium 日本開始まとめ

YouTubeはこれまで無料で提供されていました。

もちろん今後も無料なのですが、
YouTubeプレミアムにすればさらに使いやすくなる。

今回のニュースについて、
TwitterなどSNSや掲示板などでみなさんの
意見を拝見しますと賛否両論あるようで、
特に反対意見としては、
動画の広告を消したりダウンロードするために
毎月1180円は高すぎるということのようです。

確かにそうかもしれませんが、
それは少し理解不足であって、
YouTube Music Premiumが使えるわけですから、
月額980円の音楽サービスを内包している
ということを知っておくべき。

YouTubeプレミアム 月額1180円
(YouTube Music プレミアムも使える)
YouTube Music プレミアム 月額980円
(※YouTubeは別のサービス)
YouTube 無料で使える
(広告あり)
YouTube Music 無料で使える
(広告あり)

つまりYouTube動画の広告なし、
オフライン再生、バックグラウンド再生には、
1か月あたり200円程度という考え方ができます。
それならば納得できるのではないでしょうか。

そのうえ、Google Play Musicや、
オリジナル制作作品の視聴もできるのですから、
料金は妥当、あるいは安いとも言えます。

逆に言いますと、音楽サービスが不要だとか、
音楽は聞かない趣味ではない、
という人にとっては広告を消すためだけに
今後1180円を支払い続けるのは納得できない
かもしれません。

それならば無料で見続ければよいですよね。

管理人はGoogle Play Musicの有料会員
として、2015年のサービスインから、
3年使ってきましたので、
むしろこちらとの兼ね合いが気になります。
スタートキャンペーンの月額780円で
利用していますから、こちらをキャンセルして、
400円の増額でYouTube Premiumにできます。
Google Play Musicも使えるわけですから。

ファーストインプレッションとしては、
YouTubeプレミアムよいと思います。
ぜひ使ってみたいと思います。

YouTuberの広告収入への影響は?

最後に補足になりますが、有料会員の
YouTubeプレミアムになると
動画に広告が流れなくなるのはご説明しました通り。

その場合、動画で広告収入を得ている
YouTuberは収入が減るのでしょうか?

Google公式によるヘルプ。

https://support.google.com/youtube/answer/7060016?hl=ja

YouTube Premium がクリエイターをサポートする仕組み

YouTube Premium に登録すると広告が表示されなくなるため、皆様からいただく月額料金をクリエイターに分配しています。
しかも、動画の視聴回数が多ければ、その動画のクリエイターに分配される金額も大きくなります。

広告料が無くなる分、
YouTube Premiumの月額料金を動画クリエイター
に分配するのだそうです。

YouTuberの動画からの収入が減らない
かどうかは不明ですが、
収益が無くなることはないはずです。

ヘルプにも記載されていますが
Googleは、YouTubeでは、
クリエイターを大切にしています。
なぜならクリエイターがいるからこそ
動画があり、視聴者が楽しめる仕組みであり、
そこに広告が流れたり、有料会員がいる
というビジネスモデルになっているからです。

あいぽったぶるチャンネル登録のお願い

あいぽったぶるでは、動画を撮影し、
YouTubeで公開しています。

まだチャンネル登録していない方は、
ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします。
※チャンネル登録はこちら【YouTube】「あいぽったぶる」

※今回の記事の続き、ぜひお読みください)
YouTube Music Premiumを使ってみた。Google Play Musicとの違いとは?

関連記事

Google Play Music 定額制音楽配信サービス、日本で開始
YouTube上でモザイクをかける「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」
YouTube説明欄のリンクがエラーになる解決法は短縮URLだった
Spotify(スポティファイ)日本開始┃音楽配信、聞き放題で無料
スマホで便利なGoogle 日本語入力(Android版アプリ)を活用しよう┃設定方法と使い方
Googleスプレッドシートで改行とセル結合、長文入力に便利



スポンサーリンク