エックスサーバーの高速化。新機能 Xアクセラレータの設定方法



 

エックスサーバーに新機能 Xアクセラレータ
リリースされました。

表示の高速化と、サーバー負荷の軽減につながります。

このXアクセラレータの設定方法、使い方について。

エックスサーバー【公式】

2018年9月提供開始の高速化新機能

この度エックスサーバー、エックスサーバービジネスでは、
「Xアクセラレータ」機能の提供を開始いたしました。

「Xアクセラレータ」は、Webサイトの高速化や、
大量アクセスへの耐性強化を行うことができる独自開発の高速化機能です。

当機能をご利用いただくことで、更なるWebサイトの表示速度向上と、
同時アクセス数の大幅拡張により、最大で10倍以上(※)の
サイトパフォーマンスを実現します。

■提供開始日
2018年9月11日(火)

■提供対象
エックスサーバー 全プラン ※
エックスサーバービジネス 全プラン

Xアクセラレータ(エックスアクセラレータ)とは?

【Xアクセラレータ】(Webサイト高速化)

サイト表示を高速化すると共に同時アクセス数を大幅に拡張し、大量のアクセスに対応します。

このXアクセラレータ機能をONにすると、
サーバー側でファイルがキャッシュされる。

全てのアクセスに対して毎回呼び出すのではなく、
一時的に保存したものを送信するのでサーバー側の負担が少ない。

そして保存してあるファイルをすぐに送信できるので、
閲覧者側の表示は高速化するという仕組み。

常にアクセスが多いサイトや、写真など画像が多いページも
表示が高速化されるでしょうし、何よりも
一時的に多くのアクセスが集中したときに威力を発揮する。
重く、遅くなる、落ちることを回避できる。

Webキャッシュサーバー。
最近ではレンタルサーバーでも採用されるようになっています。

Xアクセラレータの設定方法

エックスサーバーの Xアクセラレータ機能について
設定方法は以下の通り。

エックスサーバーのサーバーパネルへログイン
「Xアクセラレータ」メニューをクリック
エックスサーバー、サーバーパネルでのXアクセラレータの設定項目

[現在の設定]を確認(デフォルト「設定なし」)
対象のドメインの、
右端[選択する]をクリック
エックスサーバー、Xアクセラレータの設定でドメイン選択する

中央「変更後の設定」欄をプルダウン、

  • ON [静的ファイル](推奨)
  • ON [全ファイル]
  • OFF

の3つから選ぶ。

右端「設定変更(確認)」をクリック
エックスサーバー、Xアクセラレータの設定確認
変更しました、というメッセージ。
エックスサーバー、Xアクセラレータの設定ONに変更しました

「Xアクセラレータ」メニューに戻ると、
ONになっているのがわかる。
エックスサーバー、Xアクセラレータの設定後、現在の設定

なお、静的ファイルを選択した場合は、
以下のファイルだけが対象になるという。

対象ファイル(拡張子)
.css .js .jpeg .jpg .gif .png .svg .svgz .wbmp .webp .ico .jng .bmp .3gpp .3gp .ts .mp4 .mpeg .mpg .mov .webm .flv .m4v .mng .asx .asf .wmv .avi .mid .midi .kar .mp3 .ogg .m4a .ra .woff .woff2 .ttf .otf .eot

高速化したか検証

「Xアクセラレータ」機能の導入前と導入後で、
表示速度が本当に高速化したか、
その違いを検証してみました。

Xアクセラレータ設定なし表示速度結果
読み込み時間、4.7秒から3.2秒の1.5秒短縮
約3割減の高速化となっています。
Xアクセラレータ設定後の表示速度結果

但し、何度か改めて計測してみますと、
遅くなることもあったことを加えておきます。

しかし「Xアクセラレータ」機能をONにして以降、
体感的にはページの表示スピードが劇的に速くなった
気がするのですが、単なる思い込みでしょうか・・。

注意点

会員制サイトやショッピングサイトなどでは
効果が出ずらい

公開を制限しているコンテンツデータ等があると
アクセス可能となってしまうことがある

アクセスしてきたユーザーごとに表示するページが異なる
サイト構成の場合に効果がでにくいというのは当然でしょう。
キャッシュ保存したものを共通して多くのユーザーに返すこと
に意味があるのですから。

一般的なサイト構成、Wordpressの普通のブログでは問題ありません。

Xアクセラレータ(エックスサーバー)まとめ

エックスサーバーは他社レンタルサーバーに比較して、
表示速度は高速で評判がよい。

さらに表示が高速化するのはなおよいですね。

設定の選択では全ファイルよりも[静的ファイル(だけ)]が
推奨になっています。
これでも写真や動画の読み込みが早くなる。

WordPressは動的ですので [全ファイル]にすべきですが、
まずは推奨の[静的ファイル]だけONにして、
それでも遅ければ [全ファイル]に切り替えるという感じで
よいのではないでしょうか。

当ブログ「あいぽったぶる」と、関連サイト
えぶたぶれっとぶる」「シムっとぶる」など、
いくつかのWordpressブログをエックスサーバーで運用しています。

契約して間もなく1年。
レンタルサーバーとしてはまだ短い継続期間ですが、
これまで表示が遅いと感じたことは一切なく、
快適に利用させてもらっています。

それでも高速化 Xアクセラレータをさっそく導入してみました。
ひとまず静的ファイルだけで様子を見たいと思います。

体感速度的にはパソコンでの表示で高速化した印象。
「あいぽったぶる」や「えぶたぶれっとぶる」の
写真が多い記事でも瞬間的に読み込み終わっている。

この新機能でさらに高速化したとも思えるのですが、
そうだとしたら素晴らしいことです。

また、一定時間内にアクセス過多になったときにどうなるか。
今後、そのような状況のとき表示に余裕があるかという点も
期待したいと思います。

なお、エックスサーバーをご利用中の全てのユーザーが
適用したほうがよいとも言える高速化の新機能Xアクセラレータですが、
デフォルトでは「設定なし」とOFF扱いになっていますので、
今回の記事を参考に設定ONにしてご確認されることをおすすめします。

エックスサーバー新機能【Xアクセラレータ】で高速化
※エックスサーバーはこちら

関連記事

エックスサーバーを申し込みしてみた。ワードプレスや無料SSL化あり
エックスサーバーで無料の独自SSL設定をやってみた。┃設定方法・使い方
ロリポップで無料の独自SSL設定をやってみた。┃設定方法・使い方
さくらのレンタルサーバも無料SSL化が可能に、提供開始
レンタルサーバー転送量とPVの目安【比較】さくら、ロリポップ、Xサーバー、スターサーバー
さくら→エックスサーバーへのWordPressサーバー移転(同一ドメイン・URL変わらない)
All-in-One WP Migration【プラグイン】WordPressサーバー移転が簡単すぎる┃引っ越し+バックアップ



スポンサーリンク