Prime Reading開始。Amazonプライム会員は数百冊のKindle本が読み放題に

 

Prime Readingという新サービスがAmazonで2017年10月5日提供開始。
Kindle電子書籍が数百冊だけですが読み放題。

似たサービスに、Amazonプライム会員なら毎月1冊無料の
Kindleオーナー ライブラリー、有料ですが読み放題の
Kindle Unlimitedがありますが違いは何でしょうか?
比較して考えてみましょう。

情報・ソース

Amazonプライム会員が電子書籍を無料で読み放題になる「Prime Reading」提供開始ラインアップは数百冊、随時入れ替え
(2017年10月5日 INTERNET Watch)

Amazon、プライム会員なら読み放題の「Prime Reading」
(2017年10月5日 ケータイ Watch)

アマゾンの電子書籍 数百点読み放題、プライム会員
(2017/10/5 18:00 日本経済新聞)

※Prime Readingを使えます。
Amazonプライムについて詳しくはこちら

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円読み放題。
一部の本を除いて、ほぼ全てのKindle活字本、コミック、雑誌が読める。
およそ12万冊の活字本、コミック、雑誌。

Prime Readingは数百冊のみ、それ以外は選べない。
タイトルも入れ替わるので期間限定という感じでしょうか。

Kindle Unlimitedも若干は入れ替わっていますが、基本的には変わらない、
建前上は、ほぼ全てのkindle本が開放されていることになっています。

Kindleオーナー ライブラリー

Kindleオーナーライブラリーは、Amazonプライムのサービスの中の1つであり、
Kindle電子書籍を毎月1冊だけ無料で読むことができます。
但し、対象の活字本、コミック、雑誌のみ。
そんなに多くはありません。

しかもKindle電子書籍専用端末か、Fireタブレットからしか手続きできず、
これらの端末でしか読むこともできません。

それに比較して、どうやら新サービスPrime Readingでは、
Androidやiosのkindleアプリ、さらにはパソコンでも読むことができる
という。
読み方、扱い方は普通のKindleサービスやKindle Unlimitedと同じですね。

これまでの毎月1冊だけのKindleオーナーライブラリーと、
新サービスPrime Readingとで比較して、
対象となる本の冊数がどのくらい違うかわかりませんが、
プライム会員の料金の中で追加料金なしの追加サービスですので、
Kindleオーナーライブラリーの上位互換、
サービス拡大
であることは間違いないと言えるでしょう。

なぜなら、毎月1冊限定ではなくて、多数の本が読める読み放題だからです。

あるいは、Kindleオーナー ライブラリー毎月1冊無料
のサービスは廃止されてなくなるのかもしれません。

Prime Reading まとめ

管理人はAmazonプライム会員であり、別料金を払ってKindle Unlimitedも利用中。

Kindleオーナーライブラリーも、Kindle Unlimitedも、
どちらも素晴らしいサービス。
それでもKindle Unlimitedのほうが優位なのは当然。

正確に言いますと、Kindleオーナーライブラリー
であるプライムマーク本のほとんどが、

Kindle Unlimited対象本でもあったので、
Kindleオーナーライブラリー対象本だけれどKindle Unlimitedではない
というタイトルを探したいと考えるもの。
実際はそれを探してもほぼありませんでした。
つまりKindle Unlimitedユーザーにとっては、
Kindleオーナーライブラリー毎月本1冊無料が、
あまり意味のないサービスになっていた
のも事実。

プライム会員の特典サービスでのメリットは、
映画見放題、音楽聞き放題、Amazonお買い物お急ぎ便無料、
割引サービスなど他にもあり、これらがメイン。
もちろん無料本1冊Kindleオーナー ライブラリーサービスも
内包されていました。
ここに新サービスPrime Readingが加わります。

しかもこれらサービスを全部で月数百円相当ですから
信じられないほど大サービス。

リンク先のニュース記事にありますが、アマゾンジャパン合同会社社長の
ジャスパー・チャン氏が「Amazonプライム会員にならないなんて考えられない」
という風にしたいと述べていますが、その言葉の通り。
使わないとむしろ損ですね。

ちなみに本国アメリカのamazon.comでは年99ドル(約11167円)ですから、
日本のAmazonプライム会員は半額以下。
将来的な値上は考えられるものの、年12000円でも月1000円なのであり、
少なくとも現状はお得すぎます。

今回の新サービスPrime Readingで言えば、これまでの
Kindleオーナー ライブラリーで利用方法がKindle専用端末と
Fireタブレットだけに限られていた分、
外出先などでスマホしか持っていないときは活用できずに
不便を感じてましたから、あらゆる端末やアプリに開放されて
自由度が上がった、よい改善となっています。

新サービス、Prime Readingを使ってみましょう。

※Prime Readingを使えます。
Amazonプライム会員登録はこちら

関連記事

Amazonプライム会員の月間プラン400円が新設。年間プランとの違いは?
祝)Amazonプライムミュージックのキャンペーンに当選┃Amazonギフト券プレゼントまとめ
【不明なクレジットカード請求】「AMAZON DOWNLOADS 980円」の正体はKindle Unlimited 読み放題だった
新型 Fire TVをAmazonが発表2017年9月、4K対応・ボックス廃止
Amazonが新型Fire HD 10 タブレットを発表2017年9月プライム4000円割引、キャンペーンも同時開催
Amazonプライムラジオ開始、Prime Musicで音楽連続再生
【Prime Music】音楽聴き放題サービスを開始、Amazon日本
Amazonプライム・フォト、写真保存がプライム会員は無制限に
Amazonプライムビデオ日本開始2015年9月
Fire TV Stick新型2017年モデルをAmazon.co.jpが発表
Audible オーディブル解約方法はAmazon公式サイトから



スポンサーリンク