新型 Fire TVをAmazonが発表2017年9月、4K対応・ボックス廃止

 

新型 Fire TVをAmazonが2017年9月に発表しました。

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

発売予定日は2017年10月25日。

情報ソース

Amazon.co.jp、HDR 4K対応のストリーミング端末「Fire TV」~Fire TV Stickよりも40%性能向上
(2017年9月28日 PC Watch)

Fire TV(2017)

プロセッサ
Amlogic Quad-core 1.5GHz | ARM 4xCA53
GPU
Mali450 MP3
ストレージ
8 GB
メモリ
2 GB
Wi-Fi
デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応
音声認識
同梱のFire TV音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire、Android OS、iOSで利用可能)

Fire TVとは?

AmazonのFire TVシリーズとは、テレビやディスプレイに
HDMLで接続して使う機器。

Wi-Fiでインターネット接続し、映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組などを見る。

Amazonビデオだけでなく、専用アプリを使って
Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTV、U-NEXTなど
も見ることが可能。

アプリでゲームをプレイできる。

Prime Musicで音楽も聞ける。

Amazon Driveにアップロードして保存してある写真を見る。

Fire TVとスティック形状のFire TV stickの2種類の
ラインナップがある。

形状が変化、ボックスではない

Fire TVの形状および外観が大きく変わっています。

これまではセットトップボックス型でしたが、
2017新型では、小さくなってHDML接続をしたままぶら下げる状態のものに。

ちょうどChromecast(Google)のような感じになった。

値下げ

価格が大きく下がりました。

これまではスティック状のFire TV stickが低価格版で、
Fire TVが上位機種・本格派という感じで12,980円でした。

それが2017年新型から8,980円。

Fire TV Stickのほうは4,980円ですから、
大きく差を縮めた格好。

※スティックの新型は既に発売中
Fire TV Stick新型2017年モデルをAmazon.co.jpが発表

新型Fire TV(2017)まとめ

Fire TV Stickが大ヒット商品なだけに、
Fire TVのほうがあまり売れなかったのかもしれません。

それゆえ値下げ路線に変更。
2.5倍以上だった価格差を2倍以下に下げた。

それでも性能面ではFire TVのほうが上位であり、
解像度最大 4K Ultra HD、メモリ2GB、
有線接続あり、microSDスロットあり、
の部分で優位。

映画を見るくらいなら、Fire TV Stickのほうで問題なく使えますが、
本格的なゲームをプレイしたい人にとっては、
値下げしたFire TVが魅力的に感じることでしょう。
もちろん4K対応テレビをお持ちの方にも。

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

関連記事

Amazonが新型Fire HD 10 タブレットを発表2017年9月プライム4000円割引、キャンペーンも同時開催
祝)Amazonプライムミュージックのキャンペーンに当選┃Amazonギフト券プレゼントまとめ
Fire TV Stick 使用6か月レビュー、半年で映画ドラマ見まくり故障からも復活
U-NEXT動画をFire TV Stickで観たら快適だった。ユーネクスト動画見放題
Fire TV Stick 使用1か月レビュー
Fire TV Stickを購入
Fire TVシリーズ日本発売開始Amazon キャンペーン価格1980円
【U-NEXT】ユーネクスト動画配信を使ってみた【レビュー】
【レビュー】プレミアムTV with U-NEXT ホリデープラン使ってみた



スポンサーリンク