Fire TV Stick 使用6か月レビュー、半年で映画ドラマ見まくり故障からも復活

   2016/11/05

Fire TV Stickを使って6か月、約半年ほどになりました。

Fire TV Stickとは?

Amazonの動画再生を中心としたセットトップボックスであるAmazon Fire TV。
その簡易版、スティック状の小型端末がFire TV Stick。

Fire TV Stick

映画・ドラマ・アニメなどを観たり、音楽を聞いたり、写真を見たり。
Fire TV専用アプリがあり、ゲームや他社動画配信サービスなどがある。

処理性能、スペック的に上位版がAmazon Fire TVで、
下位の廉価版が、この Fire TV Stick。

Amazon Fire TV

Fire TV Stick 使用履歴

発売前予約(プライム会員1980円で予約注文)

2015年10月28日配送開始(事実上の発売日)

2015年10月30日受取り

(新型Fireタブレットを使っていた時期)

Fire TV Stick使用開始11月20日頃?

現在:
おそらく管理人がFire TV Stickを使うようになってから、
6か月を越えたくらいの時期。

Fire TV Stickの使用履歴を詳しく全て知りたい方は、
関連記事から過去のブログ記事をお読みください。

Fire TV Stickどのくらいの頻度で使う?

Fire TV Stickここまでの使用頻度は、ほぼ毎日か、
もしくは、ほぼ毎週末でした。

つまり、毎晩、映画やドラマを見ていた時期もあれば、
週末だけ使って平日は使わないかのどちらか。

なぜこうなるかと言いますと、管理人の場合、パソコンのディスプレイで
使用するので、パソコンもしくはFire TV Stickという二者択一となり、
HDMI接続をつけ変えるので、それが面倒と言えば面倒。
他にディスプレイを用意したり、切替機を備えれば問題も解決するのでしょうが。

ただ、しばらくの間使ってない時期もありました。
動作不良になって起動できなくなってしまったからです。

Fire TV stick本体、HDMI延長、電源ケーブル

Fire TV Stickが起動せず、故障した。不具合発生

ある日、Fire TV Stickを接続するとホーム読込で止まってしまいました。
ホームが正常に表示できない、よって利用できない。
使用開始から4、5か月頃の出来事でした。

ネットの接続状態に問題がある、オフラインになっているような警告が
表示されましたので、宅内WiFiの設定の見直し(ルーターの
アクセスポイント、パスワード、Macアドレスフィルタリングなど)
を行いましたが問題ありません。

そもそもWiFi環境で、複数のパソコンやタブレット、スマホが接続可能で、
何ら問題は起きていないので、明らかにFire TV Stick端末の問題、
受け手の不具合かと。

Fire TV Stickに電源ボタンはない、初期化もできない

Fire TV Stickに物理的な電源ボタンはありません。
初期化の物理ボタンもありません。

初期化はFire TV Stickを起動してからリモコンで操作すれば、
[設定]の項目から、工場出荷時に戻すことができます。
しかし、今回ようにホーム画面が正常に表示できないとなると無理。

さらにもうひとつ。
PINコードでロックをかけてしまうと、仮にホームから設定まで入れても、
インターネットに接続できない以上、Amazonのサーバーとの通信が
できないため、ロックが解除できなくなります。
よって工場出荷時に戻せなくなる、初期化も不能に。

Amazonテクニカルサポートは親切丁寧で安心

そこでAmazonのサポートへ上記問題をメール送信しました。

返答としてはネット接続に関する操作方法や確認が案内されており、
それで無理なら電話にてサポートを継続するとの旨。

電話でサポートを受けることになりましたが、
一旦の結論としては端末の不具合の可能性があるということに。

リファービッシュ品への交換となる

交換の手配となり、電話の翌日には改めてFire TV Stickが
送られてきました。(さすがAmazon、早い)

交換品はリファービッシュ品であり(そう箱に記載されてる)、
ミニ羊羹のような極少の箱に入った本体だけが、
簡易梱包にて送られてきます。

Fire TV stick返品交換リファービッシュ品の入った箱

故障した最初のFire TV Stickは後日Amazonへ返送する。
本体だけ返送するようにという指示。
つまりリモコンや延長ケーブルはそのまま使うことになりました。
こちらは壊れていないからですね。

リファービッシュ品というのは初期不良品や中古品を
メーカーで修理、整備、クリーニングなどし、改めて販売したり
誰かの返品交換品にするもの。

このリファービッシュ品になるのが嫌だという人は
返品交換を避けましょう。

しかし今回のように使えなくなってしまった端末は、
交換しないことには利用価値がありません。
タブレットのように手で触れるものは、やや抵抗ありますが、
Fire TV Stickは触るものではないのでリファービッシュでも
気にならないでしょう。

Fire TV Stick完全復活。初期ロットの不良品だった?

交換後は問題なく普通に使えますし、毎晩のようにFire TV Stickで
映画やドラマを見まくる毎日に戻りました。(^_^;)

以前よりも快適な動作になったかもしれない、というのは単なる勘違いでしょう。

Fire TV stick6か月レビュー

管理人は最初に書きました通り、Fire TV Stickを予約注文で買いました。
ということは、かなりの初期ロット。
家電製品、電化製品に限らず、自動車なんかでも、
新発売開始からしばらくの商品はメーカーが販売前テストをどれだけ行って
完璧な商品をリリースしても、予測し得ない不具合が起きてしまう可能性がある。
それが初期ロット。

初期ロットがあるからこそ、その後、メーカーでマイナーチェンジまで
いかない小さな改良が施され、より完璧になっていく。

管理人はFire TV Stick初期ロットで不具合品を掴まされてしまったかな?
つまり、ハズレを引いた、と思ってしまうのは推測の域を出ませんが。

買ってから数か月は問題なく使えていましたし、突然使えなくなったけれど、
Amazonの手厚いサポート対応の末、今では問題なく使えますので、
気にはしていません。
そのうえ4,980円→プライム会員、3日間限定1,980円で買ったのですから、
文句は言えないでしょう。(^-^;
(まさかこの初期ロットのリスク込みでの価格だったり?)

2015年にFire TV Stickを注文した方は不具合があれば、初期ロット
の件も疑ってみましょう。
(※但し、初期ロットだとかハズレだとかAmazonサポートに言うのは
よろしくない、野暮ですから止めること。)

Bluetoohレシーバーで音声を聞く

以前も書きましたが、Fire TV StickにBluetoohレシーバーを接続して、
音声、オーディオを聞いています。ディスプレイにイヤホンジャックが無く、
音量の調整ができないから仕方なくの対応策。

これが故障の原因かと思いましたが、BluetoohとWiFiの干渉はあっても、
Bluetoohは自動切断されますし、BluetoohがOSを書き換えたり、
端末のハードを破壊するということは考えられません。

Bluetoohレシーバーにイヤホンをつないで、快適に映画が鑑賞できます♪
こうすれば音量調節も可能。

リモコンはシンプル、だから不便?

Fire TV stickリモコン、シンプルすぎる

リモコンがシンプルな作り。
映画作品を選ぶにはこれで足りるのですが、文字検索とか、ゲームをプレイ
するには無理があって不便。

なぜリモコンに電源ボタンや音量ボタン、初期化ボタンが無いのでしょうか?
不思議なくらい。

動画配信サービスを活用しよう

Amazon Fire TV、Fire TV Stickで映画やドラマを見るのは、
Amazonが配信する映画やドラマ、アニメだけだと思いがち。

それは正解なのですが、実はアプリをインストールすれば、
他の動画配信サービスからの映画やドラマ、アニメも見れるのです。
(※別途、他社サービスへの会員登録は必要)

Hulu (FireTV Edition)

Netflix 

U-NEXT/ユーネクスト 映画・ドラマ・アニメを楽しもう!

dTV –映画、ドラマ、アニメならディーティービー–

GYAO! 無料で楽しむ動画

といったものがAmazon Fire TVでも見れる動画配信サービスとして有名であり、
専用の公式アプリがあります。

Amazon配信の作品だけで見終わらないぐらい大量に用意されているのですが、
見たいと思った作品の全てを網羅できているとは限りません。

どれかひとつ、他動画配信サービスに入会しておけば、見れない作品はほぼ
なくなると思ってもいいでしょう。
それからAmazonで有料作品が他動画配信サービスでは無料だったり。
その逆ももちろんあります。

そんなことよりもスマホやFireタブレットで映画を観てる人が、
自宅ではパソコンで鑑賞する=Webブラウザ(ChromeやFirefoxなど)
というケースも少なくないでしょう。

はっきり言ってブラウザで鑑賞するより、Fire TV Stickで見たほうが、
はるかに美しくきれいな映像をスムーズな再生で鑑賞できます。
これだけでもFire TVシリーズを使う価値あると言い切れます。

管理人の場合、Amazon作品でもパソコンより映像のきれいさを感じましたし、
U-NEXT(ユーネクスト)に至っては映画の再生自体がブラウザだとカクカク止まる
再生不良なのに、Fire TV Stickだと何ら問題なくスムーズできれいな映像で
見れたことに感動すら覚えました。
(サービスとしては当たり前のことですが (-.-)

関連記事

U-NEXT動画をFire TV Stickで観たら快適だった。ユーネクスト動画見放題

動作確認できたU-NEXTはもちろん、Hulu、Netflix、dTV ユーザーで、
Amazon Fire TV、Fire TV Stickをお持ちの方は、一度お試しください。

なおGYAO!アプリで無料動画は見れるが、ストア購入した有料動画は
再生できない という問題があるようなのでやや注意。

ゲームはやっていない、ゲーム機としては?

購入直後にレビューも兼ねてパックマンなど簡易ゲームをやっただけ。

FireタブレットやAndroidに比較するとゲーム数、アプリ数が不足している
と思います。このリモコンがコントローラー兼用ではどうしようもないですし。

本格的にゲームをやるなら、上位機種のAmazon Fire TVと、加えて
ゲーム専用のコントローラーが必須でしょう。

ただ、ゲーム機として買うのは止めておいたほうがよいと思います、現段階では。

音楽も聞けるが稀に具合?デジタルミュージック

Amazonが配信しているデジタルミュージックを聞くことができます。
スマホやタブレットのほうが音楽を聞くには向いているので、Fire TVでは
使う機会がありません。どうしても映画やドラマを見るのが優先。

しかし、聞けないよりは聞けるほうがいいですね。音質もよい。

稀に自動で再生開始してしまっていることがあり、しかも他アプリ起動中にも
音楽が流れだすことがありました。
この辺りは端末としてまだ発展途中の段階と捉えるべきでしょうか。

まとめ Fire TV Stick 使用6か月

Fire TV Stickを使ってきて6か月時点での感想をまとめます。
結論から書くと大満足に近い満足。

Fire TV stick6か月、26インチで

今回の記事は、不備をついているというか、クレームまがいのことも
書いていますが、Fire TV Stickが嫌いではないのです。

この端末はトラブルに弱い気がします。
パソコン、スマホ、タブレットに比較して操作できることがあまりにも
限られているため、何かあったときに検証したり試すことができない。
壊れたら初期化するかしないかくらいしか選択肢がないのですが、
その初期化でさえも、起動しなかったりオフラインだとできない。

しかし本国アメリカから2年、日本上陸からわずか半年ということを
考えますと、まだ発展段階で改良の余地があります。

現段階での満足度から将来的なポテンシャルは計り知れません。
そこまで含めて、Fire TV Stickの満足度は大きいのです。

それを形成している主軸はコンテンツ量。
Amazonプライムで無料の映画・ドラマ・アニメだけでも大量の作品数があり、
他社動画配信サービスまで見れるとなると果てしない作品数。
毎日見ても見終わりません。
各人それぞれの趣味に合う作品が必ずあるでしょう。

それとは別の軸では動画配信ストリーミング再生としてのスムーズな再生や
きれいな映像を既に実現できている。
動画の配信サービス提供としては当たり前のことですが、これだけでも
無意識なうちにユーザー側の満足度は高いもの。

あくまで映画などの動画配信サービスに関する機器としての評価ですが、
Fire TV Stickは、価格から考えても充分に満足できる端末です。
上位のAmazon Fire TVを選ぶのもよいと思います。

Fire TV Stick

Amazon Fire TV

補足事項

最後に少し補足を。

テクニカルサポートに聞いた限りでは、Fire TV Stickを使うときだけ
ディスプレイに接続する使い方、つまりHDMIをつなげたり、はずしたり、
といった抜き差しが原因で端末が故障する可能性は低いとのこと。

それから以前の記事で書きましたが、第三者に悪用されたくないので、
PINロックをかけて運用していましたが、しばらくロックかけずに使うことにしました。
なぜなら万が一、不具合に陥ったときに初期化ができなくなってしまうから。
実際に今回がそうでした。
故障より悪用のほうが怖いよという人は、やはりロックをかけたほうがよいですね。

さらに以前書いた件をフォロー。おすすめ的な作品がホーム画面に表示される中で、
明らかに自分が好まない、むしろ不愉快なパッケージ写真が自動表示されてる問題。
以前はおすすめから削除しても数日後などに再表示されていましたが、
そもそも最近では不愉快なパッケージ自体が登場しにくくなった気がします。
Amazon側でより精密に趣味嗜好を分析・学習できるようになったのか、
それとも不愉快だと指摘されうるパッケージを全て排除しているのか、
どちらかのような気がしますが、改善していると思えます。

ソフトウエアアップデートが頻繁にあります。
改善、バグ修正、性能アップ、機能追加、デザイン修正などでしょうか。
Fire TV Stickがよくなっている、さらによくなっていく気がします。
Amazonも力を入れているのでしょう。

関連記事

Fire TVシリーズ日本発売開始Amazon キャンペーン価格1980円
Fire TV Stickを購入
Fire TV Stick 使用1か月レビュー
アメリカAmazon、Fire TVを発売
Amazonプライム・ビデオ 日本オリジナル10作品追加2016年5月末

楽天カード┃お得なクレジットカード、ポイントがたまる

スポンサーリンク