Kindle Voyage装備・仕様・端末紹介

   2016/04/14

Kindle Voyageの装備、仕様などについて、
実機を用いながら、端末の詳細をご紹介をいたします。(解説写真および【動画】あり)

Amazon公式カタログのスペックと、買ったばかりのKindle Voyageにて説明。


仕様などのスペックは、こちらの記事にもまとめてあります。
Kindle Voyageまとめ


Kindle Voyage (2014年モデル)

大きさ: 162 mm x 115 mm

Kindle Voyage装備紹介1

左右のベゼルに丸形と縦長の2種類×左右の4つのボタンがあり、これが圧力センサーで機能するという
ページめくりボタン。
これを押してページを進んだり、戻ったり、めくることができます。

Kindle Voyage装備紹介2

薄さ:7.6mm

Kindle Voyage薄さ7.6mm

全体的にデザインがKindleやKindle Paperwhiteと同じようで、実は全く異なります。

背面がマグネシウムでやや金属的な感触。(kindleはプラスチック)

Kindle Voyage外観1

電源ボタンは裏面左上に位置し、埋め込みの丸形になっているのですが、
これがFire HDXタブレットのボタンとほぼ同じ感じのデザイン。

Kindle Voyage外観2

側面から裏面へ向かって斜めに切込む形状。

Kindle Voyage外観3

同じAmazonの多機能型Fire HDXタブレットのデザインを彷彿とさせる、というより似ています。

Kindle Voyage外観を斜めから

マイクロエッチング加工でフラットなデザイン。
側面から見ますと、画面は真っ直ぐで水平。
つまり、ベゼル部からの谷は無く、画面への段差がありません。(kindleにはある)

Kindle Voyageフラットな画面

重さ:180gと公表されており、実際に計測してみると178gでした。

Kindle Voyage重さ180g

USBポートは下部側面に。
付属のUSBケーブルで接続して充電します。

Kindle VoyageのUSBポート

Kindle Voyage充電


300ppiの超高解像度e-inkディスプレイ
強化ガラスのディスプレイ
光の反射を抑えるマイクロエッチング加工

白の背景を含めた画面全体がシャープですっきり。
文字の1つ1つもくっきりしていて、白も黒も鮮やかなくらいきれい。
下位モデルのKindleやKindle Paperwhiteよりも解像度が高いこと
が初見でも明らかにわかります。
小さい文字に設定しても滲んだり潰れることはありません。


フロントライトあり。

Kindle Voyageフロントライト暗中

フロントライトが装備されていますので、暗いところでも読むことができます。
手動で調整、さらに、適切な明るさにする自動調整機能までついています。


なお、今回はWiFiモデルを購入しましたが、3Gモデルというタイプも販売中。


<比較>

Kindle Voyageとのサイズ比較で並べてみますと、
Kindle Fire HDX 8.9より小さいのは当然ですが、
Fire HD6、kindle、Nexus7あたりより一回り小さい。
スマホのiPhone5よりは大きい。

サイズの特徴としてまとめると、6~7インチのタブレットと並べて
最も小じんまりとしたサイズ感になっていることです。

kindle voyageを比較6端末と

【動画】


<総括>

コンパクトで軽い端末であり、持ちやすいデザインに設計されているので、
長時間の読書で楽に手に持っていられる。

電子書籍を快適に読むための機能がこれでもかと贅沢に装備されています。
しかもこれらに無駄はない、有効な機能。

本のページを読む前、活字を見ただけで解像度が高く、
kindleやKindle Paperwhiteの画面表示とは全く違う世界だとわかります。

それでいてFire HDXなど高解像度タブレットのような、バックライトの光
を目が浴びるわけでもなく、日常光が乱反射する光沢でもなく、
e-inkスクリーンのKindle Voyageが紙の本に近い表示を実現していることを
体感できます。

【動画】Kindle Voyage装備・仕様

後日の記事)
Kindle Voyageを1週間使った感想

以前の記事)
Kindle Voyageを購入

<動画>
Kindle Voyageを撮影した全ての動画一覧(最新)
「Kindle Voyage」 (Youtube再生リスト)



スポンサーリンク