Apple Music 曲のPCダウンロードとiTunesマイミュージック

 

Apple Musicはストリーミングのサービスですが、
曲をダウンロードしたり、マイミュージックに追加することが可能。

WindowsパソコンのiTunesで確認しました。


<ダウンロード>

WindowsパソコンのiTunesで使うApple Music
で楽曲をダウンロードする
使い方)雲から↓マークのアイコンをクリック

iTunesダウンロードの雲マーク

・使用中のパソコン内にファイルで保存される
・ネット接続していないオフライン環境でも再生可能になる
・ただし他のプレーヤーや他端末では再生できないファイル(DRM制限)


パソコンにファイルが入ったか確認してみます。
すると、普段CDをリッピングしたファイルが入っているmusicフォルダーには無く、
新しく[Apple Music]フォルダが自動的に生成されていました、ここに入る。
きっちり切り分けるのですね。

iTunesのApple Musicフォルダ

そしてファイルの詳細を見てみますと、MPEG-4オーディオファイル(保護)(.m4p

MPEG4オーディオファイル保護.m4p、iTunes

すなわちDRM制限のファイルです。他のアプリケーションや他の端末にコピー
しての再生はできないファイル。

当然ですよね、月額定額料金で聞き放題のストリーミングサービスなのですから、
ダウンロードしたファイルがあらゆるプレーヤー、パソコン、スマホ、タブレットで
再生できたらおかしい、ダウンロード買い切りと同じになってしまいます。

そもそもストリーミングサービスなのにダウンロードできること自体が
ある意味画期的(異常?自由すぎ?)なのです。


ファイルとして保存することで、インターネット接続していない環境でも
再生できる、あるいは接続不安定な場所でも問題なし、
曲再生開始のわずかなタイムラグが無くなる、通信量を減らせる、
といったメリットがあります。

デメリットとしてはファイルの分だけ保存容量が大きくなりますので、
やがて保存できなくなる、あるいはパソコン内の記憶容量を圧迫し不足、
全般的に影響がでる。

総合的な判断としては、繰り返し、よく聞く曲だけはダウンロードしておくこと、おすすめ。
利便性がより高まるでしょう。
基本はWiFi環境化でストリーミングで聞けばよいのですし。

補足)
ダウンロードできない曲もあるようです。


<マイミュージック>

Apple Music(WindowsのiTunes)では、曲やアルバムをマイミュージックに
入れることができます。

これで同じ曲を毎回Apple Music内から探す必要がなくなる。
そしてプレイリストにも追加できる。

基本的にストリーミングサービスなのですが、まるで自分で所有している
かのように、CDからリッピングした曲群とシームレスに扱えるのはすごい。

ダウンロードしていない曲も同様に操作できますので、
Apple Musicで聞きたい曲が見つかったら、マイミュージックにどんどん
入れてしまいましょう。パソコン内の保存容量には無関係ですし。

逆にマイミュージックに入った状態からダウンロードすることも可能。
同じように雲のマークをクリックしてください。

関連記事

iTunes Storeで購入した曲はコピー可能だった
Apple Musicを使ってみましたWindowsパソコンiTunes
Apple MusicパソコンiTunesで自動更新をオフにする設定方法
Apple Musicを発表、アップル
iPhoneでiTunes購入済み曲を削除する設定方法
iPhoneとパソコンiTunes同期トラブル対処
Spotify(スポティファイ)日本開始┃音楽配信、聞き放題で無料
Google Play Music 定額制音楽配信サービス、日本で開始
Amazonプライムラジオ開始、Prime Musicで音楽連続再生
【Prime Music】音楽聴き放題サービスを開始、Amazon日本



スポンサーリンク