iPhoneとパソコンiTunes同期の使い方ヒント

   2015/03/31

iTunesでiPhoneやiPod touchへ転送する音楽の管理方法について、
操作方法や使い方ヒントなど。


<iPhone内の使用容量>

iTunesのiPhoneを選択した情報画面で、最下段のバーにマウスカーソルを合わせると、
使用容量や曲数、アプリ数などがポップアップ表示され、確認できます。

iTunesでiPhone使用量ポップアップ


<希望の曲だけ転送>

「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」にチェックを入れると、
パソコンのiTunesを丸ごとiPhoneに反映するのではなく、iPhoneで聞きたい曲だけを転送できます。

iTunesチェックマークのある曲とビデオだけを同期

iTunesの曲数が膨大に多い場合や、iPhoneのストレージが小容量タイプ、
またはアプリにストレージの大部分を使いたい人向け。

iTunesのiPhoneを選択した情報画面で、(※古いバージョンのiTunes注意)
上の[ミュージック]タブを選択し、ミュージック画面に変わったら、

「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」
になっていることを確認のうえ、
画面にあるプレイリスト、アーティスト、アルバム、ジャンルから転送したい項目にチェックを入れる。
チェックをしていない曲は転送されません。

iTunes音楽を同期、選択したプレイリスト

容量が大きくなりがち、ムービーが不要であれば、上の[ムービー]タブから、
「ムービーを同期」のチェックをはずしてしまいましょう。

なお、デフォルトではiTunes内のコンテンツを丸ごと全て
iPhoneやiPod touchへ反映させるようになっており、そのほうが同期作業が毎回楽で
一般的な使い方。


<転送する曲数>

曲のチェックをはずしたり、チェックして追加すると、「音楽を同期」の横にある全曲数や、
最下段のバーゲージの使用容量もリアルタイムに変化・増減します。
iPhoneの使用ストレージを考えつつ調整する目安にしましょう。


<転送専用プレイリスト>

調べていて参考になるブログを見つけました。
かなり古い記事のようですが、
http://www.appps.jp/1771613/

iTunesでいつも聞くアーティストを選んで同期するのが楽しい♪という人はともかく、
同期の度に転送内容をチェック入れたりはずしたり確認するのが面倒という人は、
そのiPhoneやiPod touch転送専用のプレイリストを作ってしまえばよい、
というアイデア。

こちら参考になりましたので、活用させていただきます。
このリストの中にiPhoneで聞きたい曲を追加・削除、
iPhone5を接続したら、このプレイリストだけをチェック選択して同期する、簡単。

それよりもいいのは、普段からパソコンだけの作業で(iPhoneを使わずに)、
外出時に聞きたい曲群を最新状態にまとめておけるのが素晴らしいと思います♪
iPhone同期は、たまにすればよいでしょう。


追加)
iPhoneでiTunes購入済み曲を削除する設定方法


なぜ、この記事を書いたかと言いますと、
iPhoneとパソコンiTunes同期がおかしくなったままであり、
改めて解決し対処すべく、その前にiTunes同期の操作をおさらいしたのでした。

この記事の続き)
→ iPhoneとパソコンiTunes同期トラブル対処


以前の記事)
iPhone5でiTunesと同期できない終わらない現象
iTunes Storeで購入した曲はコピー可能だった



スポンサーリンク