Kindle Paperwhite(2013)2週間半使っての感想

   2016/01/12

Kindle Paperwhite(ニューモデル)(2013)が届いて使い出してから、
約2週間半、19日が過ぎましたので、感想・レビュー。


<Kindle Paperwhite(2013)感想>

△軽い端末(206g)だが、もっと軽くしてほしい。
スマホ・タブレットに比べて本読みしかできない端末であるし、
Amazon自らが販売しているKindleを読める高性能端末、
Kindle Fire HDX 7(303g)、Kindle Fire HDX8.9(374g)
との処理性能差、画面の小ささ、カラー非対応、記憶容量の違いからは、
もっと圧倒的な軽さでないと選ぶ優位性がない。

△真っ暗な部屋で文字の本を読む以外に目立って有効な使い道がない。

△ライブラリーや本を選択するのが横方向スワイプに慣れない
(Kindle FireやKindleアプリだとライブラリは縦方向)

△電源ボタン、スリーブ解除が、下にあるのに慣れない
(メインボタンが下側面にある端末は滅多にない。)

×本を読むだけの機能しかない端末は、読書に集中できるが、
持ち歩く端末候補の中からは除外されやすい。
(スマホ、タブレットを所有している人の場合)

×6インチ縦画面、この解像度(212ppi)、カラーなし、
これでコミック読みは厳しい。

×コミック拡大表示機能あるが、これも実用面では厳しい。

×コミック見開き横画面
横画面にするとさらに小画面となりセリフ読めないレベルに文字が小さく、
解像度の関係で一部潰れてる。
縦横変更する操作も面倒で、実用向きではない

×画面遷移の表示変化、リフレッシュ(強制白黒反転)、
4~5日で、ある程度慣れるが、気にならないと言えば違う。
潜在的な不快感。

×ハイライトを引くとき、誤動作でページが移動したり、反応鈍い、
(他端末では概ねスムーズ)
色が変えられない。

×ページ移動、入力(パスワードロック解除・検索)、ハイライト、
辞書機能など、処理全般動作が遅い、もっさり感を否めない。
この程度の処理性能だということはわかっているものの、体が覚えた
Kindle Fire HDX8.9やiPhone5の高速感からはやや耐え難い。

△解像度が低いこと、画面が小さいこと、合わせて、
かえって目が疲れる気がしました。(他端末比較で)

△文字の背景色を変えられない

○Wi-Fi機能、本やコミックのダウンロードは速い、スムーズ。

○バッテリーの持ちは相当凄い。
購入し、届いて半分あったのでそのまま使いこんだところ、6日して残量警告。
普通なら2週間は無充電で使い続けられるのではないか。

○他にKindle端末持っていないプライム会員なら、これでオーナーズライブラリが読める。
(その中で一番安価な端末)


<まとめ>

気が付いたときの満足感は、端末自体のものではなく、
単に本の内容だったりする。
つまり勘違い(?)
しかし、いい意味でとれば、それだけ本の世界に没入できている
のだから、電子書籍端末としては優れていると言える。
(ややこしい理屈ですが)

自分としてはKindle Fire HDX 8.9 64GB タブレットを買って使用中。
大画面・高解像度・高処理性能、使いやすく、とても見やすい。
今でも愛用し、寝る前にベッドでこのHDX8.9を使っての読書、音楽、
動画、ネットは毎晩の恒例行事。
大型画面の割に軽いので、しばしば外出時にも持って行き、
とても気にいっています。
オーナーズライブラリも読める。

他に、Kindle読書は、iPhone(4インチ)、Nexus7(7インチ)
でも利用中。
これらの使い分けで充分以上の満足があります。

Kindle Paperwhiteで最も注目していた、目の疲れですが、
そこまで恩恵を体感できませんでした。
むしろ画面が小さくて、解像度荒いので、かえって目が疲れた
ような気がしなくもないという感想。
ちなみに現在使用中の3端末で目が疲れたことは、あったかも
しれませんがほとんど記憶にありません。

Kindle Paperwhiteについては、iPhone(112g)同等以下に軽くなったら
所有してもよいかな?とも思いますが、今の自分のタブレット環境ですと
仮に持っていてもほとんど使わないで終わるような気もします。


<まとめのまとめ>

Kindle Paperwhite(2013)、歴代モデルで進化してきただけあって、
単純に電子書籍端末としては完成しており、値段の価値はあると感じました。

本をたくさん読む、タブレットを持っていない、そしてコミックはほとんど読まない、
かつ、このもっさり処理感や白黒で色反転する動作に我慢できる、
これらに該当するなら買いの端末。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

動画アップしました

後日追記)※返品します
Kindle Paperwhite(ニューモデル)返品手続き

以前の記事)
Kindle Paperwhite2013設定方法・使い方
Kindle Paperwhite(2013)ファーストインプレッション
Kindle Paperwhite(2013)購入
Kindle Paperwhite(ニューモデル)販売中
Kindle Paperwhite(ニューモデル)発表2013



スポンサーリンク