Kindle Fire HDX発売直前おさらい

   2016/06/25

Kindle Fire HDX、およびKindle Fire HDX 8.9という、
Amazonの2013年新型タブレット端末がいよいよ11月28日(木)発売になります。

これらタブレットについておさらい、加えてこれまでの情報まとめ。


これまでに書いた関連記事はこちら。

iPad AirとKindle Fire HDXは買いか?比較
ライバル端末と全スペック総比較

Amazon、Kindle Fire HDX新タブレット発表
Kindle Fire HDX日本予約開始、Amazonの2013新型タブレット

Kindle Fire HD 8.9 16GBモデルが¥4,000 OFF!
HD8.9は2013年3月日本発売、事実上一世代前の旧端末。

新型Kindle Fire HD2013操作した感想
昨年のKindle Fire HDがパワーアップした2013年版。しかしスペック的にはHDXの足元にも及びません。


<アメリカ発売中>

日本では発売直前であるが、本国アメリカでは、
7インチが10月下旬、8.9インチが今月上旬から販売開始になっているので、
海外のレビューは既に多数上がっている。

これらも参考にしたい。


<スペック>

HDXでは7インチ、8.9インチどちらも同等のスペック。

Kindle Fire HDXに搭載されている最新の2.2GHzクアッドコアSnapdragon 800プロセッサー、
メモリ2GBというのは想像以上に強力なスペックのようで、Amazonの説明によれば、
前世代機の3倍の処理能力になっているという。

世界のブログなどネット情報からですが、

初代Nexus7→新型Nexus7(2013):処理性能約1.5~3倍アップ
新型Nexus7(2013)→Kindle Fire HDX:処理性能約1.5~4倍

今年発売されたばかりのGoogle新型Nexus7より最大で4倍近い処理能力を持つというモンスターパワーになっています。
初代Nexus7からすれば10倍くらい上をいくかもしれません。

アメリカなど購入者のレビューも、
・全てがキビキビ動く
・アプリ起動が速い
・文字タイピングの感度がよい
という意見が聞こえます。

最も、このパワーはグラフィカルなアクションゲーム、動画で威力を発揮するはず。


<新OS>

新型はFire OS 3.0 「Mojito」であり、旧型から様々な改善が施された。
使用者のレビューや評論家達もタブレット端末としてより成熟したと言っている。

動作の話に少し戻ると、このFire OS 3.0 「Mojito」は、ベースとなるAndroidで
動作の軽快性があるバージョンを採用して開発したので、Mojito自体が軽く動きやすい
のだそうだ、それに加えてこのスペックなら動作はかなりサクサクと想像できる。


<重量>

軽量化が進みました。
特に8.9インチで34%も軽くなり374g、7インチはこのクラス最軽量レベル303g。

10インチ前後大型タブレットは平均500~600gから考えれば驚異的な軽さのHDX8.9。
7インチ版も、これより軽いのは新型Nexus7の290gくらいで相当軽い。

この7インチが端末の大きさ重さ合わせて持ち歩きに最適でしょう。
ハンドバックなどにも出し入れしやすいはず。
もちろん軽くなった8.9を外に持ち出すのもあり。


<音質・音響>

Dolbyオーディオ、デュアルステレオスピーカーを採用しているKindle Fire HDの音質には
定評がありましたが、今回のKindle Fire HDXシリーズもそれを引き継ぎ高音質。
他社タブレットもステレオスピーカー化されたものの、それらよりはるかに良いという
レビューが見らました。

音楽鑑賞・映画・ゲームに向いています。


<画質>

339ppi(2560×1600)8.9インチ
323ppi(1920×1200)7インチ
100% sRGB

旧型をはるかに上回わり、このサイズの他社タブレットと比較しても最高レベルの画質。
写真家が必要とするくらいの色味も再現しているとのことで、技術的なこだわりも相まって、
新型iPad AirやiPad mini2のRetinaディスプレイモデルよりもきれいなディスプレイを実現
しているという評価も見られました。


<他>

HDX8.9には背面カメラがつきました。800万画素、1080p動画撮影。
インカメラHDもあり。
(※7インチ版は背面無し、インカメラのみ)

高速WiFi
デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO+HT40)
802.11a、802.11b、802.11g、または802.11n

洗練された端末デザイン

バッテリー
8.9インチ版:通常最大12時間、書籍のみ最大18時間
7インチ版:通常最大11時間、書籍のみ最大17時間

Miracast対応、テレビなど外部スクリーンに映しだせる

Bluetooth 4.0
環境光センサー、アクセロメータ、ジャイロスコープ
USB2.0ポート(マイクロB コネクタ)

2.2GHzクアッドコアSnapdragon 800 CPU
Adreno 330 GPU
2GB RAM

容量:16GB、32GB、64GBの3モデル

など。


<まとめ>

Kindle Fire HDX、およびKindle Fire HDX 8.9

・ハイスペックで強力な処理能力
・端末が軽い
・映像や写真がきれい
・音がいい
・WiFi高速

全てがこのクラスの他社端末と比べてかなり優位


<参考になりそうなネット記事>

http://ascii.jp/elem/000/000/834/834026/
最新のNexus 7よりハイスペックで低価格!?
アマゾン、高解像度液晶&軽量なKindle Fire HDXを国内発売
2013年10月16日 13時00分更新
文● ASCII.jp編集部

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20131118_623849.html
Amazon「Kindle Fire HDX 7」
~大幅な軽量化と高解像度化を果たした新Kindle Fireの上位モデル
(2013/11/18 06:00)
PC watch【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20131128_625374.html
Amazon「Kindle Fire HDX 8.9」
~2,560×1,600ドット、8.9型でわずか374gの超軽量タブレット
(2013/11/28 06:00)
PC watch【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/20131017_619783.html
Amazon担当者に聞く「Kindle Fire HDX」、LTEモデルの日本投入は検討中
INTERNET Watch(2013/10/17 13:08)

http://news.mynavi.jp/articles/2013/10/26/kindle_review/002.html
とにかく軽い! Kindleシリーズ最新モデル「Kindle Fire HDX」に触ってきた
マイナビニュース2013/10/26

http://japan.cnet.com/news/service/35039485/
「Kindle Fire HDX 8.9」、画面性能で「iPad Air」より高評価–DisplayMate調査
Brooke Crothers (CNET News)2013/11/06 11:18

http://japan.zdnet.com/mobile/sp/35039871/
「iPad Air」対「Kindle Fire HDX」–画面からアクセサリまで9項目で徹底比較
Adrian Kingsley-Hughes (Special to CNET News) 2013年11月15日 07時30分


☆Amazonの2013年新型タブレット端末
Kindle Fire HDXシリーズ

【7インチ】
186 x 128 x 9.0mm(303g)

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

【8.9インチ】
231 x 158 x 7.8mm(374g)

Kindle Fire HDX 8.9 16GB タブレット

楽天カード┃お得なクレジットカード、ポイントがたまる

スポンサーリンク