キャンペーン情報つき、キャンペーン情報なしモデルの違いkindle

   2016/04/14

キャンペーン情報つき、キャンペーン情報なしモデルの違いについて。

AmazonのKindle電子書籍リーダー端末、
「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Voyage」の三端末 には、
それぞれ「キャンペーン情報つき」、「キャンペーン情報なし」の2種類の
機種が存在します。


■「キャンペーン情報つき」モデル

「キャンペーン情報つき」モデルでは、画面に広告が表示されます。
広告と言いましても、amazon.co.jpで販売されている商品やコンテンツなど、
主にAmazonからのおすすめに関する宣伝広告になります。(2015年春現在)

広告の内容は、例を挙げるなら、kindle端末の充電器、カバー、ケースだとか、
kindle新刊本、話題のコミック、アプリなど。

広告が表示されるのは、待機状態のロック画面、スリープ画面の全域や、
本を選択するホーム画面の下部など。

但し、読書をしている最中に広告が表示されることはありませんので、
本読みの集中を妨げたり、コミックの見た目を損なうということは
一切ありません、ご安心ください。


■「キャンペーン情報なし」モデル

「キャンペーン情報なし」モデルは、上記のような広告が一切表示されません。

それと引き換えに「キャンペーン情報つき」モデルよりも、
端末の価格が3000円ほど高くなっています。


補足)
電子書籍リーダーのe-inkスクリーンでは、ロック・スリープ時であっても、
タブレットやスマホのように完全消灯しない仕様。

よって、「キャンペーン情報つき」モデルの場合、ロック・スリープ画面で、
広告が常に表示されたまま、消すことはできない、ということになります。

これに嫌悪感、違和感がある人は「キャンペーン情報なし」モデルを選びましょう。


<まとめ>

広告と言いましてもAmazonからのおすすめですし、読書の妨げにはなりませんので、
少しでも安い「キャンペーン情報つき」モデルでよいと思います。

管理人のkindle端末も「キャンペーン情報つき」です。
多少気になることはありますが、特別何も感じませんし、少なくとも
読書をする上で困ったことはありません。

端末を安く買える分、本を多く買うという考え方もありますし、逆に、
広告を消す分だけ端末が高価になるのはオプションサービスと捉えればよいでしょう。

楽天カード┃お得なクレジットカード、ポイントがたまる

スポンサーリンク