Amazon Kindleパーソナル・ドキュメント

   2015/12/30

AmazonのKindleパーソナル・ドキュメントサービスについて。

あまり知られていないパーソナル・ドキュメント、
Kindle端末またはKindleアプリで使えるので、Kindle Fire HDなどはもちろん、Nexus7やiPhone・iPadなどでも利用できる。

要はクラウド上へドキュメントを保存して使用できるサービスだが、
厳密にはAmazon Cloud Driveと違う。
Amazon Cloud Driveの使用方法

以下詳細。


<使い方・概要>

ファイルをメールに添付して送信

(数分間以上かかることもある)

My Kindleにファイルが保存される

Kindle端末でファイルをダウンロード、閲覧・使用できる。
ファイルはドキュメントとして。
(Kindle形式に変換した場合は、Kindleアプリで閲覧)


<Kindle Fire HD>

Kindle Fire HD等Kindle端末では、
「ドキュメント」の[クラウド]で確認できる。


<My Kindle>

但し保存場所はAmazon Cloud DriveではなくMy Kindle
ここが肝心。

amazon.co.jp
「カテゴリーからさがす」
─Kindle
─My Kindle

もしくは、

アカウントサービス
─My Kindle

要は、購入した電子書籍と同じ場所である。
こちらで確認・削除できる。

但し、誤って購入済のKindle本のほうを削除すると再度購入することになるので要注意。


<Kindleのファイルフォーマットへ変換>

PDFをKindleフォーマットにしたい場合、Eメールの件名に「変換」と入力して送信する。

ZIPファイルに圧縮すると自動的にKindleのフォーマットに変換され送信される。

Kindle本と同様に、メモ、ハイライト、ブックマークなどの情報が端末間で自動的に同期できるようになる。

※但し、PDFファイルのKindleフォーマットへの変換・転送は試験段階の機能


<ファイル>

送信できるファイルは、

Microsoft Word (.DOC, .DOCX)
HTML (.HTML, .HTM)
RTF (.RTF)
JPEG (.JPEG, .JPG)
Kindleフォーマット (.MOB, .AZW)
GIF (.GIF)
PNG (.PNG)
BMP (.BMP)
PDF (.PDF)
TXT (.TXT)

ZIP圧縮して送信するとKindleのフォーマットに変換。


<使用条件>

無料

最大5GBまで保存可能。

ファイルサイズ1点当たり50MB以下
(圧縮も圧縮前50MB以下)

一度の送信で25点まで

3G接続時は使用不可


<使用するメール>

承認されたメールアドレスから送信しなくてはならない。
適当なメールアドレスから送信してはダメ。

Amazonアカウントのメールアドレスに設定されている。

amazon.co.jp
「カテゴリーからさがす」(左上)
─Kindle
─My Kindle

もしくは、

アカウントサービス(右上)
─My Kindle
Kindleアカウント
パーソナル・ドキュメント設定
承認済みEメールアドレス一覧

別のメールを使いたければ、ここからEメールアドレス追加できる。


<送信先メールアドレス>

Send-to-Kindle Eメールアドレスへ送信して保存する。

amazon.co.jp
「カテゴリーからさがす」
─Kindle
─My Kindle

もしくは、

アカウントサービス
─My Kindle
Kindleアカウント
パーソナル・ドキュメント設定
Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定

アドレスの変更もできる。

<端末から確認>

・Kindle Fire HD等Kindle端末
「ドキュメント」の[クラウド]で画面上部

文章を●●@kindle.comに送信

・他Android端末(Nexus7など)
Kindleアプリ
画面右上、設定(■縦3つ)
─[設定]
─Send-to-KindleのEメールアドレス

・iOS(iPod touchなど)
Kindleアプリ
画面右下、設定(歯車マーク)
─[設定]
─Send-to-KindleのEメールアドレス


<ヘルプ>

詳しくは、公式、

http://www.amazon.co.jp/
ヘルプ > Kindle サポート > Kindleパーソナル・ドキュメントサービス


<感想>

メールに添付して送信はやってみると簡単。
ただ、アップ完了までは少し待つ、数分くらい。

送信後しばらくしてAmazonから
パーソナル・ドキュメントのライブラリへの保存完了
(もしくは送信エラー)のメールを受信するし、
パソコンでMy Kindleへサインインすればファイル保存されていた。

自分のKindle Fire HD 8.9で見たところスライダーに並ぶし、「ドキュメント(クラウド)」に入っていた。
Nexus7とiPodtouchではKindleアプリに表示された。

ファイルをzip圧縮して送信したところマニュアル通りKindleフォーマットに自動変換されていた。

ただ、自炊本はKindle化もよいかもしれないが(複数端末同期やメモ機能)、単なるPDF資料などなら変換しないほうがよいかも?
Kindleフォーマットにファイル形式が縛られてしまうから。

あと、このパーソナル・ドキュメントサービスでMy kindleに入ったファイルはパソコンでは閲覧使用できないようなので、
タブレットだけでなくパソコンでも閲覧したりダウンロードしたい資料系ファイルなどは素直にAmazon Cloud Driveを使ったほうがよさそう。

特に必要性が無い人にとって、Kindleパーソナル・ドキュメントは使わなくてよいサービスかもしれません。
おそらくネーミングの割に電子書籍(自炊)専用クラウドサービスの印象です。



スポンサーリンク