Kindleまとめ

   2016/04/14

Kindleは、Amazonの電子書籍リーダー専用端末であり、
Amazonの三端末(Kindle・Kindle Paperwhite・Kindle Voyage)の中で、
低価格の廉価版モデル、性能スペック機能は最下位に位置。

Amazonの電子書籍サービスの名称もKindleなので混同しそうですが、
サービス名も端末名も両方同じKindleになっています。

このページで紹介しているのは電子書籍リーダー、
端末のほうのKindleになります。


2014年にamazon.co.jpから販売開始。
Kindle電子書籍リーダーとは?


<主な特徴や仕様>

Amazonの電子書籍Kindleサービスの本やコミックを読む

6インチの白黒画面
薄くて軽い端末サイズ(持ち運びに便利)
本物のインクを使用したe-ink スクリーン
数千冊の本を保存
紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示

最長4週間持続する超長寿命バッテリー(旅行などに便利)

Pageflick(ページをひらいたままのプレビュー機能)
メモ
検索機能(辞書とウィキペディアを統合、調べられる)
単語帳(辞書で調べた単語を自動追加)

など

本体のカラーバリエーション
ブラック・ホワイトの2色


6インチ
解像度 167ppi

サイズ 169 mm x 119 mm x 10.2 mm
重量 191g

容量 4 GB (使用可能領域約3.1 GB)


WiFiモデルのみ。(※Kindleに3Gモデルはありません。)

3Gモデル、WiFiモデルの違いKindle Paperwhite


「キャンペーン情報つき」モデル
「キャンペーン情報なし」モデル

の2タイプがある。
「キャンペーン情報つき」モデルは、主にスリープ画面にAmazonのおすすめ商品
などの広告が表示されることと引き換えに、価格が安い。
(※読書時に広告表示はありませんのでご安心ください)
キャンペーン情報つき、キャンペーン情報なしモデルの違いkindle


e-ink スクリーンなので画面が光を発することなく、
目が疲れにくい。
また、外の明るい日差しの中でも反射せず読みやすい。

暗い所では、読むことができません。
(※Kindleにフロントライト機能はありません。)
フロントライト機能、暗いところで読めるKindle PaperwhiteとVoyage


2015年4月に新色ホワイトが追加され、ブラックと
合わせて2色のカラーバリエーションとなりました。

Amazonの電子書籍リーダーの三端末のボディーカラーは、
全てブラックのみであり、全端末合わせて初の新色。

ブラック以外がよい、または、ホワイトが欲しいという方は、
Kindleを選んでください。(2015年春現在)


<まとめ>

Kindleの価格は、スタンダードモデルであるKindle Paperwhiteより
3割程度安い6980~8980円となっております。

この理由は、Kindleにフロントライト機能がない、
画面解像度が低い、といった低性能・低スペックであるから。

しかし、実際に使ってみますと、画面の表示は予想よりもきれい。
処理速度の面からも、活字やコミックを普通に読むことができますし、
いくつかのレビューによれば、スタンダードモデルのKindle Paperwhiteと
使用感はほとんど変わらないという意見もあるくらい。
(厳密にはわかりませんが管理人もそう思えます)

低価格モデルながら、きちんと作り込まれ完成度が高い端末ですので、
コストパフォーマンスがよい、と言えるでしょう。

AmazonのFireタブレットや他社のタブレットなどを使っている場合の
2台目以降、併用端末としてKindleを選ぶのも有効。

電子書籍リーダー専用端末を買うか迷っている人の入門機としても
買いやすい。

但し、フロントライトはありませんので、暗い場所で使えない
ことだけは弱点であり、その比較においては、
Kindle PaperwhiteやKindle Voyageに完全に劣ります。

明るさが確保できている場所では普通に読書できますので、
フロントライトが不要な人には、Kindleがおすすめです。


補足)
時折、amazon.co.jpで開催される割引キャンペーンでは、
数千円程度の値引き、内容によっては半額以下になることもありました。


Kindle・Kindle Paperwhite・Kindle Voyage比較


<レビュー>
実際に使ってみた感想、動画など
Kindle(2014)購入
Kindle(2014)1週間使った感想
Kindle(2014)2週間使った感想
Kindle(2014)3週間使った感想
Kindleを4か月使った感想
Kindle voyageとKindle【比較】使用レビュー


<動画>
Kindleの動画を撮影してYoutubeで公開しています
Kindle(2014)電子書籍端末(Youtube再生リスト)


<使い方>
なし


<情報リンク>
Amazon2014新型タブレット発表、Kindle Voyage等
Kindle 2014年は買いか?
Kindle新色ホワイトカラー発売



スポンサーリンク