Kindle電子書籍リーダーとは?

 

Kindle電子書籍リーダーとはAmazonの電子書籍を読むための専用端末。
キンドルと読みます。

6インチの白黒画面で電子書籍の本やコミックを読む端末。
スマホより大きくタブレットとしては小型で軽い。

画面がe-ink スクリーンなので紙の本のように読書できて目に優しい。
さらにこのことは消費電力を抑え、バッテリーは数週間ももちます。

サービス名称がKindle、端末の名称もKindleで混同しそうですが、
端末のほうは三機種あります。

Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Voyage(2015年春現在)

なお、電子書籍リーダー端末は、電子書籍を読む、購入する、
以外のことはできない仕様になっています。
(例外はありますが、この認識で間違いありません)


<歴史>

本国アメリカでは2007年からAmazon.comの電子書籍端末があり、
Kindleと呼ばれ、毎年改良され新型モデルが発売されてきました。

2012年秋
日本のamazon.co.jpにて初上陸。
Kindle Paperwhiteの日本語版が発売となりました。

2013年
Kindle Paperwhite(ニューモデル)改良型の販売

2014年
Kindle Paperwhite(ニューモデル)2013年型の販売継続。

新登場
【Kindle】(発売日2014年10月2日)

【Kindle Voyage】(発売日2014年11月4日)

追加バージョン
【Kindle】新色ホワイト(発売日2015年4月8日)


関連記事)
Kindle Paperwhiteまとめ
Kindleまとめ
Kindle Voyageまとめ
Kindle・Kindle Paperwhite・Kindle Voyage比較



スポンサーリンク