瞬間日記をAndroid環境へ移行

   2015/03/26

瞬間日記というアプリを愛用してきた。
iPod touchで数年以上。

最近、これのAndoroid版があることに気づき、Nexus7に移行することにした。
これに関する備忘録。


その前に瞬間日記なるアプリについて。

その名の通り日記、ライフログをつけるアプリだ。

普通の日記アプリと違うのは瞬間ということからもわかるように、その瞬間を刻むがごとく、入力したタイムスタンプごとに分かれて記録される。

なので、その場で入力すれば、あとで見返したときに何時何分に駅について、仕事場について、店を出て、といったことがわかるのである。 

素晴らしいライフログアプリだけれど、入力し過ぎには注意。(^^;
全ての行動を完全に記録しようとし過ぎて疲れちゃう・・・・・。
(実際なったことある(-_-;))

別に記録時間はアバウトで、後からまとめて入力してもよいので、使ってみてほしい。
単なる日記アプリとしても秀逸だと思う。


ここから本題。

Nexus7にAndoroid版の瞬間日記をインストールしたところ、さすがスペックがよいおかげでサクサク動く♪
特にiPodtouchが数年使ってきているので端末自体がもっさりしてきているので余計だ。(汗

加えてネクサスは画面が広く、文字が大きく見やすい。

しかし弱点が。スペック高い大きい端末がよいけれど、このアプリ、瞬間を記録する必要があるので、外出時にも何度もさささっと使う。この意味ではポケットからさっと取り出すiPodtouchにタブレットは全くかなわない。

でも待てよ?と確認してみたら、Andoroid版はP-01Dでも使えるらしい。
これなら500万画素で写真も良いし最高だ、と、喜び勇んでインストールした。


ところでこの瞬間日記のバックアップをメール送信でしている。

しかし写真の転送は10枚まで、しかもタイムスタンプとは無関係にzipでまとめて送られるらしい。
これだとP-01Dの写真もあまり旨みが無い・・・・・。


Nexus7
→持ち運び×、操作◎、写真×120イン

iPod touch
→持ち運び◎、操作△、写真△70

P-01D
→持ち運び◎、操作○、写真◎500万画素


現状、家ではNexus7、外出時はiPod touchとなってきた。
もちろん外出時もネクサスが使えるならネクサスに入力。
P01-Dは電源切ってるせいか微妙。

これだと3端末で時系列の日記がバラバラでは?となるが、
前述の通りバックアップをとっていて、Gmailとevernoteに流している、
ある程度のボリュームで定期的に。

こうすれば何らかの記録が残るのだからよいかと。


さらに最近気づいたのだが、瞬間日記についてバックアップサービスがあるようだ。
クラウド型の。

テキストだけなら無料、写真も使うなら有料。

これだとAndroid版とiOS版両方を併用しても、
クラウドで統一してくれるようで、これまた優れものだ。

しかし!

さすがにこれは躊躇した。
瞬間日記の内容をサーバー管理者が盗み見ることは無いだろうが、理論的には見れるのだから、第三者にライフログを預けるのはいただけない。外部流出のリスクもある。

Gmail、Evernoteならよいのか?という疑問にもなるわけだが、このレベルなら利用者の人数や過去の企業実態を鑑みて、とりあえず信用している。(やはりリスクはあるけど。)


瞬間日記について他の使い方やアイデアがあれば、また書きたいと思う。

後日関連記事)
瞬間日記のバックアップと活用法
瞬間日記のパソコンへのバックアップ方法



スポンサーリンク