Amazonプライム会員の月間プラン400円が新設。年間プランとの違いは?

 

Amazonプライム会員に新しく月間プランが追加されています。

新設の月間プラン400円と、既存の年間プランの2択になった。

情報ソース

月間プラン新設

  • 年間プラン3,900円(税込)
    → 一括支払い、1年分
  • 月間プラン400円(税込)※新設
    → 月額料金

これまでは年間プランのみでしたので、
初月に無料体験はあるけれど、その後は
1年分を3900円で一括払いするか止めるか
しか選択肢ありませんでした。

ここへ月額プランが加わった。
単月での契約、1か月だけのAmazonプライム会員。

月間プランのほうにも1か月の無料体験があるようで、
月間プランで契約しても後に年額プランへの変更も可能という。

月額料金で比較

年間プラン3,900円を月額に換算しますと、
325円

年3900円÷12か月=325円/1か月あたり

当然ですが、月額プランの月400円より
年間プランのほうが割安です

月間プランの活用法

月間プランの使い方、活用法としては、
Amazonプライムビデオで見たい映画や、ドラマ、
アニメのシリーズがリリースされたとき、
見たい作品が溜まったときに契約するとか。

Amazonでのお買い物が多い月に契約するとか。

KindleやFireタブレットの新発売やセール時期など、
プライム会員だけに割引クーポンが配布されるセールのときに
契約するとか。

そこまでAmazonのヘビーユーザーではないけれど、
時には使う必要がある人向けでしょうか。

これまで一括の年会費を支払ってきた既存のプライム会員で考えれば、
Amazonプライムをキャンセル退会したとしても、
今後は上記のようなピンポイント契約ができることになる。

Amazonプライムはお得

Amazonプライムで何ができるのかと言いますと、
以下の通り。

amazon.co.jpから引用転載

無料の配送特典
Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、お急ぎ便について、お届け日時指定便についてをご覧ください。

特別取扱商品の取扱手数料が無料
Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。詳細は、特別取扱商品についてをご覧ください。

プライム・ビデオ
映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。詳細はプライム・ビデオについてをご覧ください(日本語のみ)。

Prime Music
追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。詳細は、Prime Musicについてをご覧ください(日本語のみ)。

プライム・フォト
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。詳細は、 プライム・フォトについてをご覧ください(日本語のみ)。。

Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けします。詳細は、Amazonパントリーで注文するをご覧ください。

Dash Button
Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できます。詳細は、Dash Buttonをご覧ください。

プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。詳細は、プライム会員限定先行タイムセールについてをご覧ください。

Kindleオーナーライブラリーの利用
対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。ご利用にはKindle端末が必要です。詳細は、Kindleオーナー ライブラリーをご覧ください(日本語のみ)。

ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)
おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。詳しくはベビー用おむつとおしりふきの15%OFFについてをご覧ください。また、お子様情報を入力いただくと、ファミリー限定セールへご招待いたします。詳細はこちらをご覧ください。

家族と一緒に使い放題
会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員は、上記のAmazonプライムの配送に関する特典を無料でご利用いただけます。詳細は、Amazonプライム家族会員を登録するをご覧ください。

Amazon定期おトク便のおまとめ割引
日用品ほか対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便をプライム会員ならさらにお得にご利用いただけます。おまとめ割引が適用されるには一定の条件があります。詳細は、Amazon定期おトク便のおまとめ割引についてをご覧ください。

要約しますと、映画見放題、音楽聞き放題、
お急ぎ便無料、電子書籍が月1冊無料、写真の保存無制限、
など他、サービスがいっぱい。

例えばAmazonプライム・ビデオで言えば、
他社の動画配信サービスでは月額1000円前後なので、
映画を観る人にとってはこれだけで格安、
満足感ありすぎ。

他社の音楽配信サービスも月額1000円前後なので、
音楽好きも満足できる。

それに加えてAmazonお買い物でお急ぎ便360円が
何回でも無料とか、タイムセールに早く参加できるとか、
プライム会員だけに割引クーポンが発行されるとか、
これだけで月換算325円でも安い。

つまり全て合わせますと、
月額プランの月400円でも安すぎるくらい
だと言えるのです。

Amazonプライム会員の月間プラン400円が新設 まとめ

Amazonプライム会員に新しく月間プラン400円が
導入されたというニュースを聞いて、
既にプライム会員の管理人は(つまり年会費制)、
ふーん、と思っただけでした。

そしてこの月額プランのニュース、あまり話題になっていない模様。

それは恐らく年間一括3900円支払っても
余りある良質なサービス内容に対して迷わず入会と継続の人が多く
月額プランなどどうでもいい、という感じなのではないでしょうか?

Amazonプライムビデオも見せかけだけのお得感ではなく、
豊富なタイトルが揃ってますから、映画、ドラマ、アニメ
を存分に楽しめます。
最近ではAmazon独自配信の番組も作成されているようですから、
今後の展開にも注目です。

ちなみに本国アメリカのAmazon.comプライム会員は、
年額99ドル(日本円で約10996円)であり、
これまで段階的に値上げしてきたという経緯があります。

大抵、アメリカのAmazonで行われてきたことは、
世界的に波及していくのであり、日本のプライム会員費も
やがて値上げがある可能性は否定できません。
しかし今のサービス内容なら、日本円で年1万円になっても高くはない。

そう考えれば、現在の日本年間プラン3900円は安くて
お得すぎて、入らなければ損なくらい。

逆に今後本当に年会費アップすると仮定して、
それを受けてキャンセル退会していくプライム会員にとっては、
新設された月間プランが受け皿になっていくのかな?
という気がしなくもありません。

少なくとも今の段階で誰にとってもプライム会員に入会しやすく
なりましたので、まだ会員でない人は、月額プランであれ無料体験であれ、
1度はプライム会員に入会することをおすすめします。

※Amazonプライム会員お申し込みはこちらから。

関連記事

祝)Amazonプライムミュージックのキャンペーンに当選┃Amazonギフト券プレゼントまとめ
Amazonプライムラジオ開始、Prime Musicで音楽連続再生
【Prime Music】音楽聴き放題サービスを開始、Amazon日本
Amazonプライム・フォト、写真保存がプライム会員は無制限に
Amazonプライムビデオ日本開始2015年9月
Fire TV Stick新型2017年モデルをAmazon.co.jpが発表
【不明なクレジットカード請求】「AMAZON DOWNLOADS 980円」の正体はKindle Unlimited 読み放題だった
Audible オーディブル解約方法はAmazon公式サイトから



スポンサーリンク