Fire TV Stick新型2017年モデルをAmazon.co.jpが発表

 

Fire TV Stickの新型となる2017年モデルを
Amazon.co.jpが発表しました。

Fire TV Stick (New モデル)

日本で予約受付中。
発売予定日は2017年4月6日

ニュース

Fire TV Stickとは?

Fire TV Stickとは、スティック型の映像端末で、
映画・ドラマ・アニメなどを観るためのもの。

テレビやディスプレイのHDMI端子に接続し、
WiFiのネット回線からコンテンツが配信される。

Amazonプライム会員なら映画見放題であり、
会員でなくても映画をレンタルや購入することもでき、
さらにアプリもありますので、他社のVOD
(ビデオ・オン・デマンド )も利用できる。
Amazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、
AbemaTV、DAZN、dTV、U-NEXTなど。

アプリにはゲームもあり、音楽鑑賞、
Amazon Driveのクラウドストレージにアップした
写真の閲覧も可能なので、動画鑑賞以外にも使える。

Fire TVシリーズ

初代Fire TVは2015年9月24日に
日本で発売されました。
今回のFire TV Stick (New モデル)
2017年新型は2代目にあたる。

Fire TVには2種類あり、
スティック型の「Fire TV Stick」と、
ボックス型の「Fire TV」がある。
Fire TVが価格も高くスペックで上位機種。

今回は低価格のほうの、
Fire TV Stickのみ新型が発売になる模様。

スペック

Fire TV Stick(2017)
技術仕様

サイズ 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
重量 32.0 g
プロセッサ MediaTek Quad-core ARM 最大1.3 GHz
GPU Mali450 MP4
ストレージ 8GB
メモリ 1GB
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応
Bluetooth Bluetooth 4.1
音声検索 同梱のFire TV音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire、Android OS、iOSで利用可能)
ゲームコントローラー 別売。Amazon Fire TV ゲームコントローラーに最適化。その他Bluetoothコントローラーに対応
クラウドストレージ Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子 1 タイプA HDMI 1.4b出力、HDCP 1.4
1 Micro USB(電源用)
Dolby Audio Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
フォーマット ビデオ: H.264
オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis
写真: JPEG、PNG、GIF、BMP
出力 720p、1080p、最大60fps
システム要件 HDMI端子対応HDテレビ、Wi-Fi経由でのインターネット、電源用コンセント
対応テレビ HDMI端子対応HDテレビ、60/50Hz、1080pまたは720pのHDMIケーブル、日立、JVC、LG、三菱、NEC、パナソニック、フィリップス、パイオニア、サムソン、シャープ、ソニー、東芝等のHDCP対応モデル含む
保証 90日間限定保証付き。Fire TV Stickの使用時は利用規約が適用されます
地域 特定のサービスは日本国外で適用外の場合があります
同梱内容 Fire TV Stick
音声認識リモコン
USBケーブル、電源アダプタ
HDMI延長ケーブル
単4電池2本
スタートガイド

価格4980円

初代Fire TV Stickとの違いは?【比較】

【リモコン】
音声認識なし
音声認識あり(価格高)
の選択制

音声認識あり

【CPU】
1GHzデュアルコアCPU

1.3GHzクアッドコアCPU(MediaTek)

【無線LAN】
802.11a/b/g/n/対応

802.11a/b/g/n/ac対応
MIMO

※据え置き
メモリ:1GB
記憶容量:8GB
価格:4980円

リモコンの音声認識が
標準装備になっています。
初代は価格が若干高い音声認識モデルか、
無いモデルを選んで購入していました。

CPUがデュアルコアから
クアッドコアへ向上。

WiFiは802.11ac対応、
デュアルバンド、
デュアルアンテナWi-Fi (MIMO)
になりましたので、
CPUと合わせて、映画や動画のストリーミング再生が
よりスムーズになるのは間違いないでしょう。

ただ、メモリ:1GBは
そのまま据え置き。

メモリと記憶容量の影響が
大きくでるのがゲームのプレイ。
もともとFire TV Stickでは
ゲームはカジュアルゲームとして、
簡易なものに限られ、ゲームもできる、
といった想定。

ハイパフォーマンスゲームを
本格的にプレイする予定の方は、
上位機種の「Amazon Fire TV」を
お選びください。
クアッドコア、メモリ2GB、
ストレージ8GB。

Fire TV Stick新型(2017)まとめ

管理人は2015年当時、初代Fire TV Stickを
予約注文。Amazonの都合で発売日から
数日後に届き、入手しました。

それから使っていますが、実に満足度が高い
Amazonプライムで映画・ドラマ・アニメ見放題、
アプリ経由でU-NEXT動画も利用しています。

パソコンでも映画は見れますが、
Fire TV Stickのほうが映像がきれいで、
スムーズに再生されるので、なるべくstickで
見るようになっています。
なるべくというのは普段は取り外していて、
観たいときだけパソコンのディスプレイに
HDMIで接続しているからです。

さて、今回のFire TV Stick新型(2017)が
買いかどうかについてですが、
既に初代Fire TV Stickを持っている方なら
それほどまでに必須には感じません。
現状で映画もスムーズに見れていますし、
挙動もややおかしくなっても通常利用には
問題ない範囲。
むしろ気になるのは上位機種「Amazon Fire TV」
ではないかと。

但し、Fire TV Stickで通信が不安定とか、
映像が乱れるならば買い替えましょう。
改善が期待できます。
Fire TV Stickを持っていなくて買うかどうか
検討してきた人にはいいですね。確実に
初代よりスペックアップしていますから。

このFire TV Stickはヒット商品なのだそうです。
Amazonの映画見放題の影響がかなり大きいですが、
前述の通り他社のVOD(ビデオ・オン・デマンド )
も見れますから、利用者のすそ野が広がってる。

なおゲーム利用で上位機種「Amazon Fire TV」
と迷われている方もいらしゃるかもしれません。
今のところ、ゲーム機としては徐々にアプリが
増えていっている状況であって、ダメではなくても、
ゲーム機として購入するのはいまいちかもしれません。

映画などを観ることだけが目的であれば、
スペック的にこのFire TV Stickで充分です。

管理人としては1年4か月の使用経験から判断して、
Fire TV Stickおすすめします。

★この記事で紹介した端末はこちら
→ Fire TV Stick (New モデル)

過去のレビュー記事は下部の関連記事へ。
Fire TV Stickが気になる方は読んでみてください。

関連記事

Fire TV Stick 使用6か月レビュー、半年で映画ドラマ見まくり故障からも復活
U-NEXT動画をFire TV Stickで観たら快適だった。ユーネクスト動画見放題
Fire TV Stick 使用1か月レビュー
Fire TV Stickを購入
Fire TVシリーズ日本発売開始Amazon キャンペーン価格1980円
【U-NEXT】ユーネクスト動画配信を使ってみた【レビュー】
【レビュー】プレミアムTV with U-NEXT ホリデープラン使ってみた



スポンサーリンク